横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

お金 タイ移住生活

「2014年5月」時点の不労所得でタイで何日間生活ができるか試算してみた。

更新日:

4687099789_28f166764c_z

不労所得での生活って憧れでもあり、実際にやろうと思っていて投資を始めたり、ビジネスオーナーになっている人もたくさんいると思うけど、ぶっちゃけ今の不労所得だけで何日間の生活ができるか確認をしたことはありますか?

今日は自分の不労所得で実際にどれくらい生活ができるのか試しに算出してみました。

スポンサーリンク

おまえの不労所得は年間どれくらいなの?

自分が不労所得として得ている金額ってどれくらいなのか?これが分からなかったら話になりませんね。2014年5月時点でどれくらいの不労所得があるのか確認してみます。

①日本株式
配当金、株主優待を両方合わせて年間15万円ほど。

②ブログからの収入
ブログは更新を続けているから完璧な不労所得とは言えないけど趣味の範囲でやっていてお金を得ることができているから不労所得と考えると年間で12万円ほど。

①と②をトータルするとすべてが現金収入というわけではないけど、年間で27万円ほどの不労所得を得ることができています。この27万円は新卒学生の1ヶ月の給料より少し多いくらいでしょうかね。

さて、この27万円でどれくらい生活を続けることができるのか見てみましょう!

27万円の不労所得でタイで何日間の生活ができるのか?

日本円の27万円をタイのお金バーツに変換してみます。27万円はタイでは9万バーツになります。
※レートの変動があるけど分かりやすく1バーツを3円と考えます。

タイの家賃で考えると?

今住んでいる家は1万2千バーツです。ということは7.5ヶ月分の家賃を補えていることになります。要は7ヶ月はタイの家を不労所得で借りることが出来るってことです。もう少し頑張れば1年間12ヶ月分の家賃を補えるかもしれませんね。

タイの食費で考えると?

タイ料理だけを食べ続けることで考えてみましょう。1食あたり30バーツが平均です。それを3回食べたとして90バーツ。9万バーツあれば1000日間分の食費になります。もちろんビールを飲んだり、デザートを食べたりしているうちに金額がかさむだろうけど1000日分の食費を不労所得でまかなえると考えるとすごいことですね。

タイの交通費で考えると?

バンコクで働いているけど家から会社まで乗合バスで行くことができます。片道が6バーツ、往復しても12バーツ。9万バーツあれば7500回、会社から家まで乗合バスで往復することができます。7500回も会社に行きたくないけど、とてつもない回数を往復ができますね。

9万バーツあればタイで何日生活できるのか?

さっきは極端な例でタイの物価を紹介したけど、おそらく普通の家に住んで普通の生活をしていれば月額3万バーツ、タイ国内旅行とかショッピング、日本食を食べたりとかするのであれば5万バーツ前後ですかね。

だから今の自分の不労所得でタイで生活をしようとすれば約2ヶ月間は遊んで暮らすことができるんですね。

パグゆきのまとめ

タイに不労所得だけで1年間生活するには、今の自分の不労所得にあと6倍が必要となります。27万円の6倍というと162万円です。まだまだ先は長いけど目標値を持つことは良いことですね。

待てよ、、冷静に考えると160万ほどあればタイで年間生活できるんですね。海外旅行とかショッピングとか、ビール飲んだり日本食を食べたり贅沢したくなるからもう少しお金は必要だろうけど。

-お金, タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.