横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

2年6ヶ月かけて「25カ国を旅した道のり」を大公開。

更新日:

backpacker

サラリーマンだった25歳の時、夏休みを利用してはじめて海外に飛び出した。初海外で選んだのは当時映画と小説で流行っていた「冷静と情熱のあいだ」の舞台のイタリア。マジでなんとなくイタリアに行ってみようって感じだったけど、イタリアで刺激を受けまくって旅の魅力にどっぷりと取りつかれた一人になってしまったわけです。

初海外からは1週間ほどの休暇が取れれば迷わず海外への旅を選択するようになり、1週間ほどの休暇では物足りない状態になってきてしまいます。

新卒で入社した会社も3年半ほど経過していて、社会をある程度わかったつもりになっていた生意気な若造でした。チャンスは今だと会社を辞めて1年間のバックパッカーとして放浪の旅に出発をしたわけだけど、結果2年半にもなってしまいました。

今日は2年6ヶ月かけてじっくりと味わった25カ国のルートを紹介したいと思います。完璧、自分ログと自己満足な記事です(笑)

スポンサーリンク

2年6ヶ月間で移動をしたルートを公開

まずは日本から出発して25カ国まわったルートを紹介したいと思います。そこまでマニアックな国には行ってはいません。

日本▶タイ▶カンボジア▶ベトナム▶中国▶香港▶マカオ▶タイ▶ラオス▶タイ▶アイルランド▶ドイツ▶フランス▶スペイン▶ポルトガル▶イギリス▶アイルランド▶イタリア▶クロアチア▶ハンガリー▶オーストリア▶ドイツ▶オランダ▶ベルギー▶イギリス▶アメリカ▶イタリア▶トルコ▶インド▶タイ▶台湾▶日本

東南アジアから中国の旅

当時27歳の時に旅にでる決意をして飛びだったのがタイ:バンコクだ。航空券が安いという理由とカオサンロードと呼ばれるバックパッカーの聖地があるということだけでバンコクをスタート地点にしたのだ。

■タイ:バンコク ▶
■カンボジア:シェムリアップ▶プノンペン ▶
■ベトナム:ホーチミン▶ニャチャン▶ホイアン▶フエ▶ハノイ▶ハロン湾▶ハノイ▶サパ▶ラオカイ ▶
■中国:▶▶昆明▶大里▶麗江▶シャングリラ▶デチン▶塩井▶マルカム▶ゾガン▶チャムド▶八宿▶八一▶ラサ▶平安▶成都▶桂林▶楊相 ▶
■香港 ▶
■マカオ ▶
タイ:バンコク ▶
■ラオス:ビエンチャン▶バンビエン▶ルアンパバーン▶パクベン▶フエサイ ▶
■タイ:チェンマイ▶パイ▶バンコク

ここまで約8ヶ月の時間を費やしている。

東南アジアからヨーロッパへ

ビザ取得のために一時帰国をしてヨーロッパへ向かった。向かった先はアイルランドだ。

■アイルランド:ダブリン▶ゴールウェイ ▶
■ドイツ:デュッセルドルフ▶ボン▶ケルン ▶ 
■フランスパリ ▶
■スペイン:バルセロナ▶グラナダ▶マドリード▶トレド▶メリダ▶マドリード▶レオン▶ポンフェラーダ▶ルーゴ▶メリデ▶サンティアゴ ▶
■ポルトガル:リスボン▶コインブラ▶ポルト ▶
■イギリス:ブリストル▶リバプール ▶
■アイルランド:ゴールウェイ ▶
■イタリア:ミラノ▶トリノ▶ヴァラッロ▶フィレンツェ▶アッシジ▶ヴェネチア ▶
■ハンガリー:ブダペスト ▶
■オーストリア:ウィーン▶ザルツブルグ ▶
■ドイツ:ミュンヘン▶ボン▶ケルン ▶
オランダ:アムステルダム ▶
■ベルギー:ブルージュ▶ブリュッセル ▶
■イギリス:ロンドン ▶

ヨーロッパにはトータル1年3ヶ月ほど滞在と旅を繰り返した。大人な国が多いヨーロッパは一人旅をするというよりは各拠点である程度の時間を適当に過ごしてみないと、ヨーロッパの楽しさを理解することができなかった。

みんなにもヨーロッパはどこに行くにしても長期滞在をして欲しい。日本と同じ生活水準で生きている人たちとコミニケーションを取る機会が少ない点を補うのも長期滞在をする理由だろう。

大西洋をわたってアメリカへ

友達がアメリカのディズニーで結婚式をやることになったのでヨーロッパからアメリカに向かった。いい経験をさせてもらったなー。

■イギリス:ロンドン ▶
■アメリカ:オーランド ▶
■イタリア:ミラノ▶ヴァラッロ▶トリノ ▶

ヨーロッパから再びアジアへ

ビザも切れてしまったのでヨーロッパからアジアに戻った。そのままアメリカ大陸に渡ることも考えたがユーラシア大陸を満喫することにした。その理由は今、インドに行かなければ一生行くことはないと思ったからだ。

インドに向かう前にすでに2年ほどの月日が流れている。にも関わらずインドの旅はハードルが高いと思い込んでいたのだ。

■イタリア:トリノ ▶
■トルコ:イスタンブール ▶
■インド:デリー▶ハイドワール▶リシュケシュ▶ハイドワール▶ジャイプール▶プシュカル▶ジョードプル▶ウダイプール▶ムンバイ▶ゴア▶コーチン▶アレッピー▶コラチェル▶カンニャークリマ▶マドゥライ▶チェンナイ▶ハンピ▶バンガロール ▶
■タイ:バンコク ▶
■台湾:台北 ▶
日本へ帰国 

イスタンブールに1ヶ月ほど滞在してインドに向かい4ヶ月。ゆっくりタイで充電してから日本へ帰国。

旅の日数は2年6ヶ月となってしまう(笑)

パグゆきは思った

旅は日数で勝負するものではない。自分が納得するまで旅を続けた結果、日数を使ってしまった。旅の終盤は、今後のライフスタイルを考える日々だった。人生60年として2年6ヶ月の旅で大きく人生を変えれる機会を得たと思う。もしあの時、旅に出ていなかったら、まさにいま後悔をしていたことは間違いない。旅に出たいと思っているのなら1日でも早く旅にでたほうが人生の修復もしやすい。

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.