横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

お金

年間利回りが「5%」の時、資金がどれほどあれば不労所得だけで生きれるか確認しました。

更新日:

14658492290 5b0ae565bd z 1

皆さん投資をするとき、利回りはどれほどで考えていますか?
私は年利5%以上での株式運用を考えているので、購入も売却も年利5%を目安にしています。そのほうが楽といえば楽だし、システム的に運用もできるからです。

年利5%を定めて運用をしていることはOKだと思っています。
しかし年利5%を目安としたとき、実際に自分年金(不労所得)だけで生活を維持するにはどれほどの資金を投資しないといけないのか疑問がわきました。

今回は年利5%でどれほどの資金を投資すれば生活を維持できるか、私のライフスタイルに当てはめて確認をしてみました。

スポンサーリンク

年利5%の世界

私は長期投資で年利5%の株式運用をしていますが、年利の考え方、投資の仕方には様々な方法があるので、あくまで私の個人的な考え方です。

もし年利5%でお金を株に投資をしたら、どんな利益が生まれるか実際の数字を見て確認をしてみましょう。少しガッカリする数値かもしれません。
100万円=5万円
200万円=10万円
300万円=15万円
1,000万円=50万円
1億円=500万円

もしサラリーマンの平均的な収入を投資益からだけ得ようと思うのであれば、1億円の投資資金が必要となります。サラリーマンが生涯稼げる金額が2億円と言われています。1億を投資資金にするとなると、道のりが長いことが分かります。

年利を10%にすればいいと思う人がいるかもしれません。
投資のプロでないかぎり、年利10%での投資は難しいです。私が身を持って分かっています。投資に才能がある人は可能かもしれませんが、凡人の私は5%でも多いと思っています。

1億円宝くじが当たったら

たまに宝くじで1億円当たったら何をするかという質問をされる時があります。宝くじを買うことはないので、1億が当たることはないですが私はいつも答えが決まっています。

投資します!

1億円を年利5%で回せるように投資を考えるのです。
私のまわりでは同じ質問をされて仕事を辞めますと回答する人が多いのですが、会社辞めてどうするつもりでしょうか。1億円を生活費として徐々に資金を使うってことでしょうかね。

それもひとつの人生なので何も言いませんが、私は1億を投資資金にして、不労所得を得れるような仕組み作りに資金を投入します。

そして福利の力を利用して、資金が減らない、むしろ増える運用をしていければいいと考えてます。そんなにうまくいくとも思えませんが。

さいごに

投資は絶対に成功するとはいえません。
資金を減らしてしまう可能性もあります。しかし何かしら将来的にビジネスをしたい、もっと人生の選択肢を増やしたいと思っているのであれば、投資をしてみるのもひとつです。

まだまだ私は未熟ですが、不労所得がゼロなのか、少しでも収入があるのかで考え方がかなり変わったと思っています。

-お金
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.