横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

1人で行くと寂しい思いをするヨーロッパの街

更新日:

11902306694 03c6d50212 z

私はバックパッカーとして2年半ほど海外を放浪していたけど、どこの国も楽しかったと心からは言えません。1人で旅をするので、大都会とかに1人でいても楽しくないし、田舎すぎて人と出会わないなんてのも楽しものではない。

特にヨーロッパを旅した人であれば、必ず次の言葉を心の中で思ったことがあるはず、

「彼女(彼)ができたらまた来よう・・」

私も何度か心のなかで、1人で来るのではなく誰かと一緒に来たほうが、面白いだろうなと感情を抱くことがありました。今日は私が行ったことがある国のなかで”1人で行くと寂しい思いをするヨーロッパの街”をまとめました。

スポンサーリンク

基本ヨーロッパは寂しい・・

海外ひとり旅をするのであれば、まず”世界一周”を思い描く人もいるだろう。また多くの日本人が一度はヨーロッパに行きたいと思うだろう。このヨーロッパが曲者なのだ。

どの街もロマンチックなんだよなー。

ロマンチックな街を1人で旅をしていてもテンションが下がってくるわけです。現地でうまいこと知り合いになれたらラッキー。でも1人旅なんで、そんな出会に毎回期待して旅を続けるわけにもいかないと思います。私が行ったヨーロッパの中でも1人で本当にきつかった街が次の3つです。

ハンガリー・ブダペスト

ハンガリーの首都ブダペスト。この街が私の旅の歴史の中でもっとも寂しい思いをした街だ。当然のことながら街がロマンチックに造られているにも関わらず、1人でレストランに行き食事をする。バーに入ってもお酒は1人で飲む。

首都なんで人は冷たい。暖かく話しかけてくる人は逆に騙そうとしているのではないかと疑ってしまうだろう。(話しかけてくる人もいなかったけど)またハンガリーは旅行者が非常にすくないのだ。

旅行者同士で食事をしようと思っても、旅行者がほぼいない。ユースのドミトリーに泊まっているいるのに、宿泊しているのは自分だけってこともよくありました。

ロマンチックな街で、何があってもひとり。かなり厳しい精神状況でした!

●関連記事:ブダペストで聞くレッチリは最低だった

ポルトガル・ポルト

ポルトガルの2番めに大きな街がポルトです。ポルトで有名なのは”ポートワイン”。ヨーロッパでは恋愛系のワインと位置づけられています。

マジでポートワインの街です。ワイナリーも街中にたくさんあって、ワインを楽しめるようになっているお洒落な街です。ワインを飲みながら、わいわいガヤガヤしたいじゃないですか!?

ひとり旅だとそんなことはできません。また時期によるのかもしれませんが、ポルトも非常に旅行者が少なく、出会いはありません。街もそれなりに大きいので現地の人と絡むこともあまり沢山はありません。

オーストリア・ウィーン

オーストリアの首都ウィーン。くっっっっそお洒落な街です。芸術の街といってもおかしくないでしょう。街の中で馬車が走っていたり、レンガ道でオシャレに造られている道をひとりで散歩する。なんでひとりなんだよ!ってなってきます。

かなり多くの美術館やオペラ・ハウスがあるので、芸術を楽しむにはもってこいの街です。私は・・・芸術にはあまり興味がありません。飲食を楽しみたいのにレストランにひとりでポツンです。

日本でもひとりで居酒屋に行くのは勇気が必要です。(わたしの場合)でも海外ではひとりでレストランに入ってワインを飲んで楽しんでいました。でも心の中ではさみしかったですよ!

さいごに

ヨーロッパは観光客は多い街もたしかにあります。でも旅行者もひとりよりもグループの人が多いです。そのグループの輪に入ろうと思う人なら積極的に行けばいいと思います。でもシャイな日本人、、できますかね?

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.