横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

トラブルにならない「赤ちゃん」の”国際線”飛行機移動。

更新日:

DSC 0141 1

私の”赤ちゃん”が飛行機に乗る必要があります。
そもそも”赤ちゃん”は飛行機の移動はできるの?料金はかかるの?など不安がつきません。

しかし、どうしても飛行機で移動をしてもらう必要があるので、JALやANAのウェブサイト、問い合わせセンターに電話して確認してみました。
赤ちゃんが安全に移動することができるか、飛行機内での過ごし方などをレポートします。

JALのサイト
ANAのサイト

スポンサーリンク

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れるのか?

JALとANAのウェブサイトで確認をすると、生後8日以降であれば飛行機に乗れるとなっています。

しかし赤ちゃんの健康状態、母親の健康状態を確認できる1ヶ月検診を受けて、問題ないことを確認して飛行機に乗ったほうがいいと思っています。
いくら移動が必要と言っても健康が1番大事ですからね。

また赤ちゃんは3ヶ月で首がすわります。
やはり首がすわってからのほうが赤ちゃんの負担も減る気がします。また睡眠やミルクのタイミングが3ヶ月以降であれば、ある程度リズムができはじめてます。

なので赤ちゃんの飛行機移動は3ヶ月以降がよいと考えます。
もちろん8日以降であれば乗れるので、個人差は生まれますが。

赤ちゃんは航空券を買う必要があるのか?

2歳未満の子供は、座席を利用しなければ大人運賃の10%で利用できます。長距離移動であれば膝の上に赤ちゃんを抱えるのは大変かもしれません。そんな時は大人料金の75%で赤ちゃんようの座席を用意してもらえます。

JAL国際線 予約 空席状況

JALの航空券をウェブで購入するときの画面です。
赤ちゃんは大人料金の10%になっていますね。

あとは座席選びですが、できれば周りに人がいない席がいいですよね。サラリーマンの隣とか、イラついて文句言われそうですし。
こればかりは運しだいになってしまいますが、オムツの交換やミルクを作ってもらったりするので、通路側でトイレの側がいいでしょうか。

座席の問題があるので、航空券は電話で予約することをサービスセンターから言われました。機体によって適切な座席があるようです。

機内サービスが意外と充実

赤ちゃんようの機内サービスが充実しています。
JALのウェブサイトに掲載されているのがこちらです。

●ベビーベット(事前予約)
●おむつ(事前予約)
●離乳食(事前予約)
●エプロンなど

おむつとか飛行機で用意してもらえると荷物が減って少し楽になりますね。子供が一緒じゃないとまったく知らないサービスでした。

赤ちゃんの耳抜きは?

赤ちゃんも人間なので耳抜きが必要です。
でも自分で耳抜きなんてできるわけがありません。なのでミルクを飲ませましょう

耳抜きのタイミングは上昇時、降下時です。

さいごに

大人でも飛行機移動は疲れます。
赤ちゃんも体力を消耗すると思いますので、目が離せません!

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.