横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

バンコクに移住する。バンコクでお薦めのエリアは?

更新日:

Chao Phraya1

前回もしタイに移住するための家さがしについてまとめたけど、いざ「タイに来てバンコクならどこで家を探せばいいの?」ってことになる。日本から送られてきた駐在社員は日本で契約している日系の不動産会社から物件を紹介してもらって、会社が家賃を補填してくれるだろうから心配ない。でも自分の道を自分で作っていかないといけない人にとってみれば、初めてバンコクに来て右も左もわからないってことになります。

私はバックパッカーの経験があったので、家を事前に決める前にタイに移住をしてしまいました。なんとかなることはなります。自分の目で街を眺め住みやすい地域を探すことができました。でも、、

お金がかかりました!

一定期間をホテルで生活をしていたので、ホテル代がけっこう掛かります。1泊1,000バーツとしても日本円で3500円ほど。それが10日も続けばタイでは1ヶ月分の家賃になります。物件によってはもっと安い物件もあります。

事前に現地調査をするにせよ、タイに来てから家を探すにせよ、バンコクのエリアをある程度絞れると家探しの手間もある程度だけど楽になると思います。

今日はバンコクで家を探す時のエリアの特徴をまとめてみました。

スポンサーリンク

小学生の子供がいるなら絶対にスクンビット

タイに移住をしようと思っているあなたの家庭状況はどうでしょうか?

もし小学生以上の子供がいるのであれば、絶対にスクンビットエリアに住むことをお薦めします。なぜなら日本人学校のバスが迎えに来てくれるのがスクンビットエリアのみだからです。それもかなり地域は限られます。

バンコク Google マップ

バンコク市内に走っている電車BTSの駅でいえばプロンポン、トンロー、エカマイ。この駅より北側に住んでいないと学校のバスが来てくれません。自分達で送ってあげる、自力で行かせるなんて考え方であれば、状況は変わりますが。

そしてこのエリアは高級住宅地になっているので、多くの物件が高いです。探せばそれなりの金額の物件もありますが、探すのも面倒になるくらい高級物件が多いです。多くの日本人駐在員が住んでいることから、日本食レストランや居酒屋が多いし、日系のフジスーパーがあって日本品質の物が多く手に入ります。また日本人が対応してくれる病院もあります。

日本人コミュニティも多いことでしょう。看板も日本語だらけです。タイに来たけど日本と同じような暮らしができる地域であることは間違いないです。異文化を求めている人であればお薦めができないエリアでもあります。

人気急上昇のオンヌット

バンコク Google マップ2

スクンビットの端っこにあたるBTSの駅がオンヌットです。このオンヌットにも日本人が沢山住んでいます。理由としては新築で高層マンションが立ち並び、駅近くに大型スーパーが2つあります。オンヌット駅だけで用事がほぼすみます。

家賃も新築マンションのワンルームタイプであれば12000バーツ前後(日本円で4万円ほど)からあるので家が探しやすいのは間違いないです。めちゃくちゃ沢山のマンションがあるので空き部屋を探すのも簡単にできるはずです。

オンヌットのデメリットとしては街の中心に行くために電車に乗る時間が長いこと。葛飾区から東京駅まで電車に乗るイメージです。通勤ラッシュは日本と同じです。タイで通勤ラッシュ・・・正直へこみます。

手頃な物件が多いMRT沿い

バンコク Google マップ3

バンコク市内を走るもうひとつの電車がMRTと呼ばれる地下鉄です。スクンビットを通り越したあたりから優良物件がたくさんあります。家賃もそれなりでスーパーもある生活はしやすいと思います。

1点注意が必要なのが、このあたりは風俗店が多く存在しています。そんなのを求めていないファミリーや女性にはお薦めすることができないエリアです。別に近くにあるだけでしょ?ってあまり気にしないのであれば優良物件は多くて住みやすいでしょう。

けっこう日本人も住んではいるので現地で知り合った日本人とバッタリ出会うってこともありえます。

都心から離れてみる

ここは私も未知の世界になります。

MRT ห้วยขวาง Google マップ4

バンコクのBTSでチャオプラヤ川を越えたあたりにもマンションが立ち並んでいます。意外と安くオンヌットと同じくらいの価格で部屋を借りることができるようです。

やはりタイ人が中心となっているので、ローカル市場やローカル食堂が沢山あります。タイ人と同じような生活をしたいのであればいいですが、いざって時に困ります。たとえば外国人が行くような病院は街の中心にあります。タクシーに乗ればすぐに着きますが、時間帯によっては渋滞がひどいエリアでもあります。

川沿いって住むには心地いいでしょうが、いざって時に困ってしまう可能性があります。心配しすぎかもしれませんが。

個人的にお薦めサトーンエリア

私が住んでいるからという理由もありますが、サトーンエリアがお薦めです。

MRT ห้วยขวาง Google マップ5

家賃はオンヌットと同じような感じで、街から近いわりには安いです。

車がないと不便な場所になるかもしれませんが、15分ほど歩けば街の中心です。暑い中15分も歩けないっていうのであれば止めたほうがいいです。なので15分歩いて街まで買い出しに行ったりする必要があるし、電車を使って移動が頻繁にあるのであれば家賃が安くても移動費でお金がかかってしまいます。

またサトーンはかなりローカルエリアが広がっています。生鮮食品をローカル市場で買うことができますが、タイ語がわからないとまったく買い物がうまくできません。私はタイ語ができないので、支払わないといけない金額すら聞き取れていません。騙されている可能性もありますね(笑)

ちなみに日本人はほとんどいません。いるのはタイ人、欧米人が中心です。たまに紛れ込んだ中国人旅行者がいますが。

まとめ

バンコクはエリアによって様々な顔がある街です。せっかくタイに来たから異文化を楽しみたいのであれば絶対にスクンビットは避けるべきだし、逆に日本とそこまで変わらない暮らしがしたいのであればスクンビットに住むべきです。あなたの予算、どんな生活をしたいかによって住む場所もかわることでしょう。

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.