横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活 仕事/学習 海外

バンコクで働いて昼食選びで決断力を高めよう!タイ飯を食べるのか、それとも日本食を食べるのか。

更新日:

やよい

タイ、バンコクでの生活は食事に困ることがまったくない。むしろ何を食べるのか迷ってしまうほど種類が豊富だ。タイなんだからタイ飯はもちろんながら、日本食レストランも異常なほどあるし、日本のチェーン店もガンガン出店している。洋食が食べたくなったら洋食屋に行けばいい。

店によって味のクオリティ差はあるけれど、日本と変らないほど食事には選択肢がある。もしあなたがバンコクで働くようになったら、昼ご飯に何を食べればいいか本当に迷ってしまう。

今日は迷ってしまう理由に迫りました。

スポンサーリンク

ビジネス街のお昼どき

やたい

タイは屋台文化が根付いているから、1日中どこかしらで屋台を発見することができる。屋台にも米系、麺系とさまざまな種類があるからタイ飯を食べるとなっても迷う。オフィス街になればなるほど昼には屋台がたくさん出店されているから頭から煙がでるほど迷ってしまう。さらに日本食や洋食を食べることができるから選択肢がいじょうに多いんですね。店を選ぶのに一苦労です。

何を食べるか頭を悩ませるのは価格差だ

そして昼に何を食べるか、最も頭を悩ませるのは価格の差です。

タイの屋台でご飯を食べると20バーツ〜50バーツ。日本円で60円〜150円を払えば間違いなくお腹いっぱいになります。いっぽう日本食レストランに行くと一食あたり150バーツ〜300バーツになり、日本円で450円〜900円前後になります。

日本で食べるランチの金額と比較すると450円〜900円って普通の金額だけど、タイの物価で考えると異常なほど高く感じてしまいます。

日本人だから日本食が食べたい、、でも

やっぱり日本人だから日本食を食べたいときって必ずあります。でも60円で美味しいタイ飯が食べれるのに、900円払って馴染みのある日本食を食べるのかって考えると、すげー迷ってしまいます。

本当にその時に「寿司」が食べたいと思うなら寿司を食べに行くけど、自分の性格はピンポイントで何が食べたいか毎昼どきに思うことがありません。適当に店が集まるところに出向いて悩んで決めるタイプです。だからこそ迷ってしまうかもしれませんが。。。

パグゆきは思った

バンコクで働くと誰にでも当てはまる食事事情だと思います。限られた昼の休憩時間を有意義に使う為にも何を食べるのか即決できるように毎日決断力が鍛えられます(笑)バンコクで働いて昼食選びで決断力を高めよう!

-タイ移住生活, 仕事/学習, 海外
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.