横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

製品レビュー

落書きで世界を味方に付けたアーティスト「バンクシー」は天才だ!

更新日:

バンクシー

パグゆき@pagyukiです。

昔はJR横浜駅から桜木町駅までの高架下の壁は落書きで埋め尽くされていましたね。もうずいぶん昔のような気もしますが、いまでは落書きの存在は忘れられてます。

世界中どこでもそうだけど、日本では落書きは犯罪になってます。中にはアートのような落書きもあるけど、アートだろうが、市町村に認められていなければ犯罪です。日本ではスプレー系の絵に対しては、あまりアートと認められてなさそうです。

スポンサーリンク

バンクシーの写真集

犯罪にもなりうる落書きで世界を味方につけたのが「バンクシー(Banksy)」です。

落書きを世界中に書き続けて世界に君臨する大企業からオファーを貰えるほどの人。まさに落書きアーティストです。このバンクシーの作品がまとまっている写真集がコレ。

バンクシー落書きの面白さは建物、風景にマッチさせた絵が沢山あって面白いけど、それよりも自分の作品を自分で世界の有名美術館にかってに展示しに行く光景が納められている。バンクシーはかなりファンキーな奴です。よく警察とかに捕まらないですね。

本物のバンクシー作品

実は自分も世界を旅している時、イギリスのブリストルという街でバンクシーの本物の落書きを見ました。ブリストルにイギリス人の友達が居て、この友達がバンクシーの大ファン。この時に初めてバンクシーの作品をみて自分も落書きを超えたアートを感じました。

そのときの写真がコレです。

バンクシー

パグゆきは思った

落書きはバンクシーに任せて、自分たちはキャンパス、スケッチ帳、WEBで落書きを披露しよう!

-製品レビュー

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.