横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活 製品レビュー

「ブラックサンダー」ファンの皆様”タイ”でも食べれるようになりました

更新日:

blacthunder

ブラックサンダーファンのみなさま。
ついにブラックサンダーがタイに上陸してきました。
それも現地で生産されているようで、タイ語表記のパッケージ、そして価格もタイ価格です。

blacthunder2

タイでもそこそこ旨いと思えるチョコレートもありますが、やはり海外チョコレートの旨さには勝てません。
タイ人が好んで食べるチョコも日本のメーカーか、欧米系のメーカーが多いです。

旨いチョコがないタイで、旨いチョコを低価格で提供できれば、間違いなくシェアを伸ばせることでしょう。

タイでブラックサンダーが生き残る道を私の視点から意見を述べます(笑)

質は高い、でも値段も少し高い

タイでも販売されたブラックサンダーですが、日本で食べるブラックサンダーとまったく同じ味です。

ココアのビスケット?の旨味とチョコの旨味が交わる、あの旨さがたまらないです。なので見た目も同じです。

blacthunder3

しかし、小さくないですか?
イメージ的には大袋に入って販売されているブラックサンダーと1つの大きさが同じくらいに感じます。

これで15バーツ(日本円で50円ほど)です。
ちなみにアマゾンで見るとひとつ31円で販売されています。

日本のメーカーが、タイで販売しているチョコはポッキーが有名どころです。しかし、あまり食べている人をみません。

そもそもチョコを食べる文化がないのかもしれませんが、一箱20バーツ(70円ほど)で価格が高いと言っています。
日本でポッキーを買うと100円以上しますよね。
タイのポッキーは少し量が少ないけど、タイ人が購入できるような価格設定にはなっています。
それでも高いと思われているのです。

価格設定はひとつの肝ですね。

アイスクリームにはガンガンお金を出すタイ人

私からブラックサンダーが売れるように提案したいのが、ブラックサンダーのアイスクリームを販売することです。

タイ人はアイスクリームにはお金を惜しまず払います。
コンビニで50バーツ(160円ほど)のアイスクリームもガンガン買います。

1食40バーツ(130円ほど)で食べることができるタイで、食事より高額なアイスクリームにお金は出すのです。

日本人の私にはこの感覚がわかりませんが、タイ人はチョコバーより、アイスクリームにお金を出します。それも惜しみなくです。

有楽製菓株式会社さん、アイスクリームも販売したらどうでしょうか?

以上、私からの提案でした。

さいごに

タイのコンビニで日本の物が、どんどん買えるようになってきています。まだまだ日本のコンビニには勝てませんが、目指している方向は同じかもしれませんね。

3年後くらいには物流も進化して、日本と同じようなレベルになるかなー。。。

-タイ移住生活, 製品レビュー
-,

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.