タイ移住生活

爆弾騒ぎから1ヶ月。海外生活の変化は?

投稿日:

19862433253 cca488c962 z

日本でも大きく報道されたバンコクの爆弾事件より約1ヶ月が経ちました。

爆弾事件が起きてすぐの時は、私も周りの物全てが敵に見えたり、無駄に警戒をしたり、人が集まるところには行きたくないと思いがありました。でも、1ヶ月も経つと慣れてしまうものです。

日本の報道がネガティブに伝え過ぎなのか、それとも現地生活に慣れてしまっているので感覚のマヒなのかわかりませんが、今では爆弾なんてあったのかと思うほど爆弾事件のことを忘れてしまっています。

爆弾があって生活の変化は?

もう爆弾事件のことを忘れがちになっている私ですが、生活に変化がないかというとそうでもありません。

警戒してます

爆弾事件が起きる前は、事件が起こった近くのデパートに休日によく行っていましたが、事件後は1度も行ったことがありません。何も起こっていないので、もう大丈夫なのかもしれませんが、行こうと思う気持ちにはなりません。

なので休日に散歩するエリアが変わりました。けっこうお気に入りのレストランや店もあったのですが、新しいエリアでお気に入りのお店を探し始めています。

もともとバンコクに住んでいると観光スポットには行きません。でも知り合いが日本から遊びに来てくれる時、もし観光スポットに行きたいと言われても一緒に行動したくありません(笑)せっかく来てくれているという気持ちもありますが、観光客があまり行かないようなマニアックな場所を案内したりします。そのほうが喜んでもらえますし、身に危険を感じることもないので。

心情の変化は?

生活面の変化はありましたが、心情の面では変化はありません。

タイに移住してもサラリーマンをしているので、日々の時間は仕事になっているので生活環境は違うけど、時間の使い方は日本とあまり変わりません。なので爆弾があったから日本に帰りたいとか、違う国に移りたいとか思うことはありません。

まー、いまの仕事があるていど順調だからということもあると思いますが。

さいごに

海外では日本では起こりそうもない事件が起こります。コレは海外移住のリスクですね。バンコクはまだ安全なほうだとは思いますが、身を守ることは忘れないようにしないといけませんね。

-タイ移住生活
-

Copyright© パグゆき , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.