Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

”最後に行き着く酒”と言われるボウモアエニグマを買ってみた !

      2015/08/29

ボウモアエニグマ

ウイスキーの王道を攻めようと思っていたけど、アイラ島のスモーキーなウイスキーにハマってしまい、まずはアイラ島のウイスキーから攻めています(笑)アイラ島のウイスキーの中でもボウモアを買ってみようと思ったら、どれを選べばよいか分からなくなるほど種類があります。

知合いにはボウモアのピーテッドを勧められたけど、お店でもネットでも見つけることができなかったから、ボウモア・エニグマを購入してみました。

ボウモア エニグマ(Bowmore enigma)

ボウモアエニグマ裏

ボウモアはアイラ島に蒸留所があるため、アイラ産の特徴の臭いが強いウイスキーだ。

いつも参考にしているウイスキーの教科書によるとボウモアは『最後に行き着く酒』とのこと。まだまだウイスキー初心者なのに最後に辿り着いてしまいました。

エニグマとは何でしょう。
エニグマでgoogleで検索すると『エニグマ(暗号機)』『エニグマ(ミュージシャン)』『西洋語で謎の意味』『ジョジョの奇妙な冒険 スタンド』といくつか出てきます。この中で気になったのは暗号機。第二次世界大戦の時にナチスドイツが使用した暗号機の名前だったようですね。ロゴがかっこいいです。

エニグマロゴ
wikiより

そしてコノ暗号機はボウモア エニグマの商品ブランドに関係が少なからずあるようです。驚きました。

ウイスキーに使われているエニグマは英国の作曲家エルガーの『エニグマ』から名付け親。そしてドイツの暗号機があったからか、ドイツの免税店向けに販売をしているウイスキーで日本の酒屋には売ってない。自分も楽天で購入しました。

ウイスキーの商品ブランドをつけるのにも歴史が絡むんですね。奥が深い。

少し濃いめの黄金色。

香り

香りはラフロイグがかなり緩くなった感じで、ラフロイグが苦手な人でも挑戦してもいいかもしれません。もしコレが嫌いであれば、アイラ産のウイスキーが苦手ってことですかね。

飲みやすいと思います。もちろん樽で熟成された(シェリー樽のようですが自分にはまだ判断できず)風味を感じるのでしっかりとした味わい。
ラフロイグと比べるとかなり飲みやすいです。

価格

ボウモア エニグマの価格は楽天で1リットル瓶で3,000円以内で購入できます。

パグゆきは思った

自分はアイラ産のウイスキーが好きなので、ラフロイグくらいの香りがあったほうが好き。
ラフロイグ>ボウモアエニグマって感じだけど、どちらもお勧め!

★★★★☆:うまい!毎日飲めたら幸せ!

フォローして最新情報をチェック

 - ウイスキー