横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外移住準備

航空券購入の手数料を節約する方法をレポートしました。

更新日:

飛行機

パグゆき@pagyukiです。

海外に行くときの航空券予約って面倒な作業ですよね。旅行会社にお願いする、ネットで航空券を探す、どちらからでも手間はかかります。

この「手間賃」をいかに貰うかの旅行会社。
いかに「手間賃を含めた旅行代金」を安くすませるかの購入者の心理との戦いです。

購入者の皆さんは当然、面倒なことをやりたくないけど、安く購入したいと思うはずです。お金持ち様は関係がないんでしょうが。。

今日は一般的な購入者が”海外へ行くための航空券だけ”を購入する場合、どの手段が一番効果的なのか検証をしてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

旅行会社に丸投げ

やっぱりコレが一番楽です。
「出発日時、日本からの利用飛行場、目的地」を伝えれば、それに見合う航空券を発券してくれます。紹介してもらったチケットを購入するなら、その場で現金払いをしてしまえば航空券が手元に届きます。

ただし、価格の比較をするのであれば他社の旅行会社へ出向かないと行けません。旅行会社によって手数料がことなるから、まったく同じ航空券を購入しようとしてるのに1店舗目と2店舗目の金額が数百円〜数千円高い場合があります。

会社のお金で海外出張に行くために飛行機チケットの予約とかをする場合は非常に効率よく航空券を購入できると思います。

ネットで検索

ネットで旅行を手配するのがあたりまえのようになっている今、「海外に行きたい」となればネットを使う人が多いと思います。同じ航空券を購入するにしても対応する会社が違えば価格も違いますが、Yahooトラベルとかで一覧表示をすれば、同じ航空券でもどこの会社にお願いするのが安いのか一瞬で分かります。

あとは購入しようと思っている会社が信用でき安心してネット購入できるか自分の判断だけ。クレジットカードで支払えばEチケットを発行され即時に購入完了ってなります。(銀行振込で後日郵送で送られてくる対応をする会社もありますが)

ただし、いくらネット利用とはいえ、各旅行会社は「数千円の手数料」を乗せています。

航空会社のウェブサイトから予約

ANAやJALの国際線のチケットをANA、JALのホームページから直接購入しようとすると理解ができないほど価格が高いです(笑)

でもANAとJAL以外の航空会社を利用して海外へ行くのであれば、航空会社から直接購入するのが安い場合が多々あります。それもかなりの確率で日本語のサイトもあり購入には問題がありません。

タイ航空のチケットを予約例

これはタイ航空のホームページからのチケット予約画面です。金額に注目してください。

Royal e-booking - 確認

羽田-バンコクの片道のチケットが¥65,140円になっています。

つづいてHISでまったく同じチケットを検索してみます。こちらも金額に注目してください。

ページの画像

羽田-バンコクの片道のチケットが¥66,190円になっています。

まったく同じ航空券を予約するにしてもタイ航空のホームページから予約するほうが価格は¥1050円安いです。それも日本語のページもあるし、カード決済ができるから特別な問題はありません。

あなたは¥1050円の価値をどこでみいだしますか?

パグゆきのまとめ

もし海外に行くときに行き先が決まっているのであれば、まずはYahooやHISの航空券情報で格安チケットの一覧を眺めてみましょう。そのあとに対応する航空会社のホームページから直接チケットを検索すると、旅行会社の航空券チケットより価格は安いのが多いと思います。

こんかいHISとの比較をしましたがHISは1枚の航空券で手数料は¥1,050円。かなり格安の手数料で提供してるんですね。。。

-海外移住準備

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.