日本グルメ

[風邪予防]体がおかしいと思った時に食べると効果抜群の食材3つ。

投稿日:

パグ風邪

パグゆき@pagyukiです。

日本の冬の乾燥から来る風邪には要注意ですね!皆さんの「風邪予防」ってなにか特別なことがありますか?

私が風邪を引いたかな?と思った時に必ず食べる食材があります。この食材を食べると、今まで風邪がひどくなったことがない。それほど効果絶大な食材です。

「病は気から」と言われていますが、「コレを食べればひどくならない」もマインドコントロールの一種かもしれませんね(笑)

風邪予防に効果絶大の食材3つ

風邪予防の基本中の基本ですが、手洗いウガイ(うがい薬付き)は必ずしましょう。特に冬の乾燥の時期だけでも手洗いとウガイをしているだけで風邪をひくリスクはかなり低くなります。

あとは自分が信じている風邪予防食材が3つあるので、少し風邪をひきそうだなと思った時、次の3つを食べて飲むだけで、14年間ひどい風邪を引いたことがありません!

①コーラを飲む

ヨーロッパを旅している時、風邪を引きそうなヨーロパ人たちがコーラを飲んでいるのを目にしました。ヨーロッパの病院では風邪と診断されるとコーラ飲めと言われるようです。それもそのはず、コカコーラはもともとアメリカで薬剤師によって作られたドリンクです。

コカの葉っぱに鎮痛の効果がある。「コカ」ってドラックのコカですよね。ドーピングのようなもんでしょうか。

私の経験上、コーラゼロよりもクラシックのコーラの方が体に利きます。栄養素が高いからだと思います。カフェインと糖分をたくさんとってるからですかね。

コーラを飲んだあとは喉のイガイガ感がなくなります。

②プリンを食べる

プリンの栄養が高いって知っていましたか?
使っている素材といえば、卵、牛乳、砂糖です。カルシウムやタンパク質、脂質をたくさん補給できるからです。

風邪を引きそう、風邪を引いている時でも食べやすいです。

紅しょうがを食べる

あまり手軽に食べれる食材じゃないけど、「紅しょうが」を食べると体への効果は抜群です。もっと専門的に調べてみると

生姜にはジンゲロールという生姜の辛みのもととなる成分とガラノラクトンという香りのもとになる成分が含まれています。

これらの働きが風邪のときにおこる咳やのどの痛みをやわらげる働きがあります。
咳が起きてしまう原因は、ロイコトリエンという物質によって引きおこされます。
この成分が気管支に入ってしまうことで気管支を狭くさせ、咳やぜんそくをおこしてしまいます。

これらの原因となるロイコトリエンという物質をジンゲロールとガラノラクトンが抑制することで、咳やのどの痛みを和らげることができます。
これらの理由から風邪をひいたときには生姜がいいといわれています。

風邪をひくかもと思ったら、牛丼食べに行きます。牛丼を食べるというより紅ショウガを食べに行きます。周りの人がみたら何故そんなに紅ショウガを入れるのかというくらい、牛丼にのせさせてもらいます(笑)

パグゆきは思った

最後はじぶんの強い気持ちが風邪を寄せ付けないと思います!ざ根性論!!

※医者ではないので皆さんの判断で試してくださいね。

-日本グルメ

Copyright© パグゆき , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.