Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

歴史深く、静かなる谷の意味をもつウイスキー「グレンリベット12年」がウマい!

      2015/09/06

グレンリベット

夏の暑い時期はどうしてもビールに手が伸びてしまっていたパグゆき@pagyukiです。

暑いときはまず最初の1杯にビールを飲んで、2杯目に移るときも考えてビールになってしまっていました。最近涼しくなってきてウイスキーをまた飲み始めましたが、ゆっくり夜に飲むときはやっぱウイスキーがいいですね。

今日は歴史があるウイスキーで、イギリス政府公認第一号の蒸留所で造られ、密造酒の歴史に終止符を打ったと言われている歴史深いウイスキー「ザ・グレンリベット(The Glenlivet)」を紹介します。

ザ・グレンリベット12年(The Glenlivet12years)

グレンリベット

グレンリベット蒸留所は1824年に建てられていて、グレンリベットの意味は「静かなる谷」です。

製造の地域としてはウイスキーのローススロイスと呼ばれるマッカランと同じ、ハイランド・スペサイド地域になります。

自分のイメージだけどハイランド・スペサイドのウイスキーは飲みやすいと思ってます。

きれいな黄金色をしていますね。グラスに注いで写真を撮っているときから飲みたい気分にさせてくれます。

口当たりはフルーティーな感じで飲みやすいです。後味はスッキリした味でしっかりと舌に残ります。マッカランと比較してもすっきりしていると思います。

香り

香りもフルーティーで飲みやすさが感じられます。少し香りは強いかもしれません。グラスに入れた瞬間にウマそうな香りが漂いました。写真なんて撮っている場合じゃない!(笑)

価格

近所の酒屋で¥3000円ほど。楽天とかネットではもう少し安く購入できます。

パグゆきは思った

ハイランド・スペサイド地域のウイスキーは飲みやすいのが多いです。
自分はどちらかというと独特の臭さがあるアイラ島のウイスキーを好みますが、ハイランド・スペサイドのウイスキーも1本手元に置いておきたいですね。

★★★☆☆:マッカランと比較すると少し劣る?好みですね。

フォローして最新情報をチェック

 - ウイスキー