横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習 海外移住準備

「会社を辞める決断」してから社内のいい人にめぐり合うことも忘れるな!

更新日:

gimme-a-hand-1_l

パグゆき@pagyukiです。

勤めている会社の退職を決意したとき、あなたは誰に「退職します。」って話をしますか?やっぱ最初は自分の上司(部長?)に話をして、上司からさらに上層部へ「彼が退職したい」という旨をエスカレーションすることがほとんどだと思います。(会社によってまちまちだと思いますが。)

そして会社内で「退職」することが広がると、いろいろな人が声をかけてくると思います。
「なぜ辞めるんだ?」
「つぎの会社は決めているのか?」
「つぎの会社ビジョンを達成するために君が必要だ。」
「もう少し頑張ってみないか?」
「辞める前に飲みに行こう!」

部署が違う同じ、役職によって接し方が違うとは思うけど、今まであまり仕事ではあまり接したことがない人も声をかけてくれます。

コレは新しい人との出会いのチャンスではないでしょうか?積極的にコミュニケーションを取ると会社には色々な人がいるもんです。

いろいろな人が話かけてくるけど、やっぱ「退職」となると一番みつに話をするのはいちばん初めに「退職」を伝えた上司になりますかね。

スポンサーリンク

退職することを決めてから上司の人間性が分かることもある

退職することを上司に伝えて数日すれば「退職」の話が会社内で進み、「退職します。」といちばん初めに伝えた上司から今の状況が聞けると思います。いままで上司と絡むことがなかった人でも、「退職」の件で、非常に多く上司と話をすることになると思います。

「退職する」と決めて接する上司、「退職しようかなー」って考えていたときに接する上司は、もちろん自分からの見え方が違うと思います。でも接すれば接するほど、人の考え方って見えてきませんか?「退職」ということをキッカケに上司の人間性が非常に見えてきたり、仕事の考え方が勉強になったりすることもあります。

こんなこともある自分の体験談

自分の場合、半年前に転勤でやってきた部長に「退職する」ことを伝えました。
上司からは「退職したい理由が明確な部下の退職は止めない」と言ってました。
しっかり退職理由を伝え、納得した上司は退職の話を会社に伝えてくれました。

会社から引き止めがあり、希望時期での退職が進みません。自分からみればトラブルです。。。

そのときに盾になり剣にもなってくれたのが自分の上司でした。自分の思いを聞いて、自分の都合が悪くならないように会社に伝えてくれ、会社からの圧力には自分が盾になり自分を守ってくれました。

通常業務では報告書のハンコを押してくれたり、報告を聞いてアドバイスをしてくれていた上司の顔しか知らなかったけど、「退職願い」がキッカケで上司の人間性がすげー見えました。その時は「もっとこの人と仕事を一緒にしたいなー」って素直に思ったし、自分もこれから先、部下ができたらこういう対応をしてあげようとか勉強になりました。

レアなケースかもしれませんが。。。

やな奴と会うことも当然ある

知らなかった上司の人間性の話をしたけど、いっぽうでコイツこんな奴だったの?って疑問をもつ素顔をみることもある。人間なんでいろんな人がいます(笑)

笑顔で話を聞いて、記憶に残さないようにしましょう!

パグゆきは思う

退職をしても付き合える人、付き合いたくない人を自分の中で判断して、会社を辞める前にコミニケーションを取るといいのではないでしょうか?「この人は仲間だ!」って思える人との出会いを常に大事にして増やすことが、今後の人生を豊かにすると思います。

-仕事/学習, 海外移住準備
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.