横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習

「牛」のことを「ビーフ」と言ってヨーロピアンの大爆笑をさそった瞬間

更新日:

アイルランド

アイルランドの英語学校に通った経験がある パグゆき(@pagyuki)です。

日本の英会話教室では日本語が少し理解できる外国人教師が教えてくれることが多いですよね。
アイルランドの英語学校では、教師が日本語を知ってることはなく、生徒もヨーロッパから集まった人達だから、英語以外でコミュニケーションを取るにはジェスチャーを使うしかありません。

アイルランドの英語しか使えない環境で、先生と生徒の間で爆笑を誘った話がコレです!

スポンサーリンク

アイルランドでの生活

ペット、家畜、などの動物の話をクラス全員で話をしていました。アレックスはスペインの自宅で犬(ドック)を飼っている。ジョバンニ(イタリア)は両親から誕生日プレゼントで馬(ホース)を貰った。

日本の家庭でもよくあるペットから、日本ではあり得ない話まで。楽しくきかせて貰ってました。自分はペットは飼っていないから話に参戦できず。

そして続いて、先生からオーストラリア旅行をしていた時にビーチで遊んでいた時、ワニ(アリゲーター)に注意の看板があり、非常に怖い思いをしたという話がありました。うんうん、それはビビるなーと思っていた時、急に先生から話を振られました。

アイルランド

アイルランドとジャパンを比較して、動物について驚いたことはあるか??頭の中で思い描いたのはアイルランドには牧場が非常に多いので、放牧されている動物達が頭の中に思い浮かびました。日本でも北海道とかに行けば放牧されている動物はたくさんいるから、驚くことはあまりないですね。

羊(シープ)、馬(ホース)、牛(牛ってなんだ?)てな具合で頭に思い浮かべて回答したのが、「あまり驚きはない」です。

すると先生は会話をさせてやろうとツッコミをいれてきました。日本ではどんな動物が放牧されているのか?

よし、さっきの回答すればいいか。羊(シープ)、馬(ホース)!またツッコまれる。他には??
牛、牛ってなんて言うんだ???
テンパって回答したのが、「ビーフ!!」
肉の種類を回答してしまい、これでアイルランドの学校では人気者になることができました。正解は「カウ」です。

パグゆきは思った

いま思えば、この回答は爆笑ですね(笑)鳥(バード)をチキン、豚(ピッグ)をポークと言ってしまうのと同じ間違いですからね。日本からファンキーな奴がきたと思われ、今でも思っている外国人の友達が多くいます。うれしいことです!

そしてこのような笑いな経験から英語の学習ができたから、覚えるのも早かったし、楽しかったです。やっぱ体はった経験が何でもいきるんですね。

TOEIC(R)テストで900点以上を取った人が続出している英語教材

-仕事/学習
-,

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.