横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

スポーツ

皮下脂肪を落としたい!脂肪燃焼について研究レポート

更新日:

4593736342 06e97aff14 z 1

タイに海外移住をしてから約2年間、運動らしい運動はしていない。
1日40分程度の通勤時に歩くくらいになっています。

日本にいたときは、無人ジムのエニタイムフィットネスに1週間に2回から4回ほど通っていたので、体は絞れていたし、体調(肩こり、疲れ)も良かったです。

●関連記事:ジム入会1ヶ月、体に良い反応が起こりまくってます!

それが何も運動しない期間2年、気がついたらお腹まわりの脂肪が凄いことになっています。
少し筋トレをしたくらいでは脂肪が取れないほどです。

歳を取って、燃焼しにくいこともあるでしょうが、このまま放置はマジでヤバイです。
過去のスリムの体、そして健康な体に戻りたいので、やれることからやろうということで、脂肪燃焼、特に皮下脂肪燃焼について調べてみました。

スポンサーリンク

皮下脂肪を落としたい!

今の自分の体型はひょうたん型になってしまっています。
そう、皮下脂肪がたっぷりと蓄えられてしまっているのです。

皮下脂肪は落とすことが難しい脂肪と言われています。
なぜなら体のエネルギーが不足したときに使われる脂肪だからです。
つまり食事制限をしても、エネルギー消費していなければ、皮下脂肪が減ることはないのです。

ひょうたん型の改善のためにやれることをまとめてみました。

20分以上の有酸素運動をする

皮下脂肪に限らず、ダイエットをするのであれば、必ず有酸素運動を進められます。

有酸素運動は血液に含まれているエネルギーも使用しますが、一定以上運動をしていると、体に貯められているエネルギーを使用します。
この体に貯められているエネルギーを使うことが脂肪燃焼につながります。

この脂肪燃焼につながるのは、20分以上の有酸素運動と言われています。ウォーキング、ラン、水泳、自転車など無理がないように実行するのがいいでしょう。

適度な筋トレをする

適度な筋肉を体に付けることが、エネルギー消費につながります。
また筋肉を増加させることで基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなります。

基礎代謝が向上することが皮下脂肪が付きにくい体にもなります。

腹筋とスクワットが効果的と言われていますが、体全体を鍛えることをお薦めします。

食事制限はやはり重要です

やはり食事制限は必要です。
これ以上の皮下脂肪を増やさないという面でも重要です。
まずは1日の摂取カロリーを守るように頑張りましょう。

そして皮下脂肪の天敵がアルコールです。
私もお酒が好きなので、つい飲み過ぎてしまいます。

肝臓は脂肪を燃焼させて、体温を作ってくれています。
それがお酒を飲んだ時、肝臓がアルコールを分解に力を注ぐため、脂肪燃焼ができない状態となります。
脂肪燃焼ができない、、、皮下脂肪へ直行という悪循環が生まれます。

それもお酒を飲んでいる時って、濃い料理が食べたくなりますよね。
これが皮下脂肪がつく原因になっているのです。

さいごに

私は有酸素運動を止めてから皮下脂肪がガンガン付き始めました。
やはり人の体はバランスが重要ですね。

今回の3つの基本を守るようにします。
有酸素運動する、筋トレする、食事制限する。これで皮下脂肪が減らないようであれば、何かをサボっているのか、もう痩せないってことでしょう(笑)

-スポーツ

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.