横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

絶対に風邪をひかない!「暑い国」から「寒い国」への旅行するときの移動対策まとめ

更新日:

15635351754 4aa710581a z 1

暑い国から寒い国へ
もし日本が夏、冬のオーストラリアへ行くとき、東南アジアから冬の日本へ帰国するとき、寒さ対策は万全ですか。

私は東南アジアのタイに海外移住をして、日本の冬に一時帰国することを避けています。
タイに住んでいる多くの人が冬の日本を恐れています(笑)

最大の理由は寒くて風邪をひくから

しかし、私はタイから日本の冬でもガンガン一時帰国をしています。まったく風邪を引いたこともありません。
体がもともと強いということもありますが、しっかりと対策もしています。

今回は、もしあなたが暑い国から寒い国へ滞在が必要になったときに、風邪をひかないようにするための対策をまとめました。

風邪の天敵は間違いなく”寒さ”だ

意外なことかもしれませんが、暑い国に滞在していると寒さの感じ方が一瞬マヒしています。

私の体験からですが、タイから日本の冬へ帰国するとき、日本が寒いことは分かっています。なので日本に飛行機が着いた時、寒さにビビって飛行機から降りますが意外と寒さを感じません。

これが私が言う、寒さ一瞬マヒです。

さすがにシャツ1枚では外を歩けませんが、シャツにジャケット1枚くらいでも「寒いな」と感じる程度です。

しかしコレが風邪をひく罠になっているのです。

寒さを感じなくても寒さ対策をしっかりする

どうやら暑い国に滞在していると、寒さを感じるまで、時間がかかります。私の体感からは半日ほどかかると思います。

なので薄着で過ごしてしまいがちです。薄着で過ごしているうちに風邪の魔の手がガンガン迫ってきているのです。体は寒いけど脳が反応しない、こんな感じです。

自分が寒いなと感じ始めるときには既に風邪気味になっているのです。
だからこそ、寒さを感じていなくても寒さ対策を万全にして過ごすことが重要になります。

私が実際にやっている暑い国から寒い国へ行くとき、風邪をひかないための対策が次になります。

とにかく温かい格好をする

急に寒い国へ移動して風邪をひかないためにも大げさと思えるほど、温かい格好をしてもいいと思います。外見を気にしてしまいますが、とにかく風邪を引いいて動けなくなることと比較してどうでしょう。

風邪なんて引きたくないですよね。

靴下を絶対履く

暑い国だと素足で靴(サンダル)を履くと思います。
どんなに寒さを感じなくても靴下をしっかりと履きましょう。

靴下を履いているだけでも、風邪対策にはつながります。

汗をかく手前まで着こむ

到着する飛行場によって異なるかもしれませんが、もし成田空港であれば厚手の衣類を購入しに行きましょう。

私が基準にしているのが、汗をかく一歩手前くらいまで服を着ます。
日本人で日本の冬を経験したことがないという人はほぼいないでしょう。いつもどこまで着込んで、どれほど着てしまうと汗をかくか思い出してみましょう。

「ユニクロ?ださいよ。」って思っていても、寒さ対策をして、風邪をひかないことが目的です。目的を忘れないようにしましょう。

風邪予防も、もちろん実施

寒さ対策をしっかりとしたら、風邪予防も実施しましょう。
私が言うまでもないですが、絶対にしたほうがいいことが次の2つです。

マスク装着

マスクで風邪予防をする。
もう日本ではあたりまえですね。集団の中ではどんな菌があるかわかりません。ブロックしましょう。

また寒い国では乾燥が風邪へつながりやすいです。マスク装着が乾燥対策にもなります。

うがい・水がぶ飲み

風邪予防で気がついたら、うがいをしましょう。
水でやるだけでも随分と効果が違います。

また喉を潤すということで、水を定期的に飲むことを忘れないようにしましょう。実は医者も実行していると言われているほどです。

定期的に水を飲んで喉を潤し、風邪予防です。(緑茶のカテキン効果を期待して、緑茶を飲むこともお薦めです)

さいごに

私の体験談と実際にやっている対策です。
これで私はまだ暑い国から寒い国へ移動して風邪をひいたことはありません!

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.