横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

横浜

「みなとみらいエリア」を効率的に移動する手段まとめ

更新日:

みなとみらい

テレビでの露出度もかなり高い”みなとみらい”エリア。テレビでは簡単に移動しているように見えるけど、ひとつひとつの観光スポットが離れていている。

観光スポットを全て堪能するには移動に時間が掛かります。「みなとみらいエリア」に遊びに来た時に利用できる移動手段をまとめてみました。

スポンサーリンク

徒歩

”みなとみらい”エリアを歩くとこんなプランでしょうか?
ランドマークタワー〜赤煉瓦倉庫〜山下公園〜港が見える丘公園

この観光スポットを歩きで回ると約60分です。(ゆっくり歩くともう少し時間が掛かりそうです。)時間があってノンビリ散歩をしながら、少しづつ移動して観光スポットを堪能する場合はやっぱ徒歩ですね。

土、日曜日と祭日の”みなとみらい”エリアは人が沢山集まってるから、人混みが苦手なら徒歩は辞めたほうがいいですね。
すげー疲れます!!

レンタル自転車

”みなとみらい”エリアに増えてきたレンタル自転車。赤色で少し小さめの自転車が1日借りることができるから、天気が良ければ自転車で移動するのも気持ちいいでしょ!

徒歩で行くのは疲れるけど、自転車があれば行動範囲も拡大。元気があれば”みなとみらい”エリアを1日でサイクリングできちゃいます。

滞在時間は1時間!「みなとみらい」の観光スポットをすべて堪能するなら自転車だ!

赤い靴バス

通称「100円バス」と呼ばれる”みなとみらい”エリアを100円で周遊できる赤い色のバスがあります。周遊とはいうものの、何度も乗れる乗り放題のパスとかも用意されていて、色々な観光スポットに行くことも可能です。

2本のバスルートがあって”みなとみらい”エリアの主要な観光スポットへ行くことができます。バスの良いところはバスを降りたら目の前が目的地です。

観光スポットの停留所を抜き出すとこんなに沢山の場所に行けることがわかります!

Mルート(みなとみらいルート)

●桜木町駅(出発・終点)
●アンパンマンミュージアム入口
●新高島駅
●マリノスタウン前
●国際展示場
●パシフィコ横浜
●カップヌードルミュージアム
●赤レンガ倉庫
●ワールドポーターズ
●馬車道駅

Cルート(中華街元町ルート)

●桜木町駅(出発・終点)
●馬車道駅
●ワールドポーターズ
●赤レンガ倉庫
●日本大通り駅
●中華街
●元町商店街
●マリンタワー
●山下公園
●大桟橋

”みなとみらい”の観光スポットを100円バスで効率的に移動方法

電車>

横浜駅から東急線は「みなとみらい線」になり駅は5つです。
バスで行けるところは電車でも行くことはできますが、バスの停留所が目的地の目の前であることがほとんどだけど、電車は目的地ちかくの駅で降りて徒歩で数分というのがほとんどです。

新高島駅

●ブリリアショートショートシアター
●臨港パーク
●アンパンマンミュージアム
●マリノスタウン
●ブリッツ横浜

みなとみらい駅

●ランドマークタワー
●クイーンズスクエア
●マークイズ
●コスモワールド
●パシフィコ横浜
●国際展示場

馬車道駅

●ワールドポーターズ
●カップヌードルミュージアム
●赤煉瓦倉庫

日本大通り駅

●大桟橋
●横浜スタジアム

元町中華街駅

●中華街
●元町商店街
●山下公園
●マリンタワー
●港が見える丘公園

3月16日『みなとみらい』に集合しよう!【東急相互運転】

水上バス(シーバス)

横浜駅から山下公園までを結ぶ水上バス(シーバス)があります。たまには気分転換をかねて水上バスでの移動は気持ちいいですよ!!!

水上バスで行けるところはココ。
●横浜駅東口
●みなとみらい(ぷかり桟橋)
●赤煉瓦倉庫
●山下公園

”みなとみらい”エリアを船での移動を楽しむ(裏技あり)

パグゆきは思った

どんな移動手段をとっても同じ目的地に行くことはできる。のんびりとする時間があるなら、徒歩や自転車でゆったりと移動するのがいいし、とにかく移動は乗り物に乗って楽したいのであればバス、電車、水上バスと移動手段は多彩だ!

気をつけないといけないのは土日曜日と祭日の”みなとみらい”エリアの激混み。車で来ると駐車場に辿り着くまでも大変ですよ。

-横浜
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.