Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

英語会話の本当の挫折。ネイティブな人と英語で会話できるまでの道のりをレポートします。

      2016/03/13

ダブリン

おはようございます。パグゆき@pagyukiです。

英語の勉強を日本で開始して、挫折をしている人。この記事を参考にして頭をまずは切り替えてみましょう!

英語、話したいの?英語なんて音楽と同じなんだぞ!

上記の記事のように、英語が音楽のように聞こえ、英語脳になっていれば英語の基礎は間違いなくできていると思います。ここまでくれば、母国語が英語でない人と会話しても日常会話には問題ないレベルです。

私も英語脳になったかなと思う状態でバックパックの旅にでました。そこで完璧に自分の英語力がたいしたことないとブチのめされたのが、母国語が英語の人たちとの会話でした。

さっぱりわかりません!

おなじ英語を使っているとは思えないほど、早口だし発音が違うんですね。発音が違うのは音楽と同じ、慣れれば覚えると思うけど、早口に対応するには時間がかかります。音楽を早送りで聞いている状態と思ってください。

いくら英語脳になっているとはいえ、話していることが早口で聞き取れないと意味もわかりません。英語を話す人の早口対応は第一の壁となります。

安心するのはまだ早いです。まだまだ高い壁が待っています。日本で覚える英語の多くがアメリカ英語と呼ばれています。では、アメリカ英語じゃない英語ってどんなんなの?

アイルランド人の英語の壁は超高かった!

ネイティブと言われる人と英語で話すことに壁を感じて、さらに自分の英語力を高めたいと思って向かった先はアイルランド

はじめての英語圏の国への訪問でした。

アイルランドに到着した時は、既に8ヶ月ほどアジアを旅して外国人とコミュニケーションも取れるようになっていたのだ。だからけっこう自信を持って英語をしゃべれるようになったと思ってた。

それがアイルランドに到着した飛行場の入国審査でパスポートチェックしてもらってる時、宇宙人と出会ったような衝撃を受けた。

『×××××××、Yeah?』
最後の確認の「イエー?」しか聞き取れない。
彼は英語を話しているのだろうか?もう一度トライしてみよう。

『sorry?』『×××××××、Yeah?』

まったくといっていいほどアイルランド人の英語が理解できません。発音の違いなのか、早口なのかもわからず、とにかく英語を話していません。宇宙人と会話をしていました。

次はバスに乗って町へ移動しましたがバスの料金がわかりません。『×ユーロ』ユーロって部分しかしか聞き取れねー!2ユーロ硬貨払えば問題ないと思って2ユーロわたしましたが、1ユーロでした。「ワン」が聞き取れていないってことですね(笑)

最後に初日のホテルのカウンター。『××××××× ya〜』『やー』って何だよ!聞き取れない。コレはあとでわかったことだけど『Hi Ya〜』ってアイルランドやイギリスでの挨拶でした。どちらかというと若い人が使うのかな。

パグゆきのまとめ

ネイティブの英語はアジア人の英語とは違います。特にアイルランドとイギリスの英語はスピードについていくのに苦労しました。今ではアイルランド、イギリス系の英語の発音が好きだし、自分にはしっくりきます。語学はやっぱりどれだけ人と接してパワーアップします。

基礎だけでは絶対に壁にぶち当たるし、一人で学んでても壁に当たると思います。みんなと楽しくコミュニケーション取っていくうちに理解できるし、苦しい経験も今では自分の最高の思い出に変わってます。日本で英語の基礎知識をつけて、英語の国に行ってみましょう!英語学習については自分に足りないものが見え、コミュニケーションを取るうちに宝物と思える外国人の友達ができますよ。

フォローして最新情報をチェック

 - 仕事/学習