横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習 海外移住準備

ジョブホッパーと呼ばれるかもしれないけど、新しいことにチャレンジするほうが大切だ!

更新日:

レンジャー

パグゆき@pagyukiです。

今までの社会人の歴史を振り返ってみよう!
日本では?同じ会社に長く在籍した方が、評価される傾向があるし、嫌な仕事・明らかに向いていない仕事をしていても我慢して同じ会社にいる人が多い気がする。

本当にそんなんでいいのだろうか??

今の会社に満足していて、成長できているのであれば、変化を求める必要はないと思う。ただしチャレンジすることができる環境にはいたほうがいいでしょう。

特に30歳前後でチャレンジすることを辞めてしまったら、これから先の人生に大きな差ができてしまうと思う。「転職するのが悪」と考えている先輩たちもいるが、「ガンガン転職してチャレンジできる環境にいろ」という人もいる。

「転職は悪」「転職してチャレンジ」
さあ、あなたはどちらを選択しますか?

スポンサーリンク

なぜ転職は悪か考える

転職をする人は、だいたい3年前後の期間で転職を考える。3年って、特に新卒で入社した人は、その会社での業務をほとんど理解できる年月だと思う。だから会社にとってみて3年勤務した人へは大きな仕事を任せようとする時期にもなってくる。

会社からしてみてはせっかく育てた人材が流出するから面白いわけない。もちろんその人を育て上げた上司はもっと面白くないですよね。

育て上げた人材が「退職したい、転職します」って言った瞬間なにが起こりますか??

経験をした人はわかると思うけど、だいたい上司は引き止めようとします。だいたいの引き止め方はこんな感じじゃないか。。

いまの会社に残ったら、こんなに良いことがあるんだというポジティブな情報を与え、転職をしたら、こんな厳しいことがあるんだとネガティブな情報を言ってきます。
だから君はいまの会社に残った方が良いと。
場合によっては給与をあげてやると交渉をしてくる会社もありますかね。

こんなことを上司も繰り返しているうちに「転職は悪」ってマインドになっちゃうんじゃないでしょうか。だって上司は転職をしないで引き止めることのほうが多いわけですよ。業務上、しかたがないことかもしれないけど、特に転職をしたことがない上司が「転職を悪」って考えを持っていると思う。

でも本当にチャレンジしたいことがあるのであれば、こんな小言に負けずに自分の思い描いている方向に進めると思う。何回転職しようが思い描いている人生に向かっているのであれば、新しい環境へチャレンジするべきではないか??

転職はチャレンジか考える

転職したいと思う人には様々な理由があることはわかってるけど、これだけは絶対に忘れないでほしい!

「他社は光って見える」

自分の会社への不満や要求はたくさんあって、知合いの会社情報を聞いていると”うらやましい”って思ったりする人がいるけど、これはほとんどのケースで「他社が光っている」だけです。
どこの会社に行っても不満や要求はでてくるものです。

給料が高くなる、通勤距離が短くなるとか、その程度で転職をするのであれば今の会社に在籍していたほうが楽だと思うし、人間関係で悩んでいても一瞬の解決にしかならない可能性だってあります。
人間関係が悪いからっていっても、どこの会社でも人間関係がうっとおしいと思う場面が絶対にあります。

だから真剣に転職をするのであれば、「その会社で何がしたいのか」をしっかり考えないと転職しても何もメリットも生まれません。今の経験を活かして、次の会社で「明確な目的・仕事」をやりたくて転職をするのであれば大きなチャレンジになるし、くだらない不満を忘れれるほど「やりがい」が生まれると思います。

このような人には転職をして新しい環境で、新しいことにチャレンジしていって欲しいし、こういう人達と一緒に仕事ができるといいなーって日々思ってます。

パグゆきは思った

自分は明確に今までの経験を活かして海外で働きたいと思ってます!サッカー選手の海外移籍するような気持ちで、積極的に海外での仕事にチャレンジしたいと思ってる。人生一度きり、失敗してもなんとかなるでしょう、、、若いうちは。

まだ若いうちに積極的にチャレンジして自分の人生を楽しいものにしたい!!俺も頑張ります!

-仕事/学習, 海外移住準備
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.