Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

イギリスらしい「ジョニーウォーカー赤」のロゴがシンボルマーク。

      2015/09/06

ジョニーウォーカー赤

ウイスキーを飲まない人でも知っているブランドってありますよね?ロゴであったり、ボトルの形が特徴的であったり、テレビCMが流れていたりすると自然と覚えてしまうものです。

ウイスキーの超有名ブランドのひとつと自分では思っているジョニーウォーカー

赤ラベルであれば値段も安く、飲みやすいから、ウイスキーを初めて買ってみようと思った時にお勧め!ロゴも愛着わくし。

ジョニーウォーカー赤(Jony Walker Red)

ジョニーウォーカー赤裏

ジョニーウォーカーはウイスキーの中でもブレンデッドウイスキーといわれます。

ブレンデッドウイスキーとは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜ合わせてる物です。

※詳しくはウイスキーの教科書に書いてあるので読んでみて下さい!

ジョニーウォーカーは赤、黒、緑、ゴールド、青(値段の順)の5種類のラベルが存在し、混ぜている物がことなります。その混ぜる物の中で一番の重要になるのは中心になるモルトウイスキー。コレが味の中心になるのです。

当然ながら価格が高い青ラベルにいたっては高級な物がブレンドされているんですね。

そして今日買ってみたジョニーウォーカーの赤ラベル。コレは中心となるモルトウイスキー、タリスカーに35種類をブレンドしています。飲んだ瞬間に広がるんでしょうね。自分には分かる舌がありません!

黄金色をしているウイスキー

香り

香りにクセはまったくなく、香りだけで判断をすると非常に飲みやすそうなウイスキーだ。

やはり味にクセがなく、飲みやすいウイスキーだ。私の友人はジョニーのソーダ割りを好んで飲んでいるから、割って飲むのもブレンデットウイスキーの楽しみ方になるのではないか。

自分はストレートでウイスキーを飲むのを好むので、ウイスキーを何かで割るということはできません。タイ人はコーラでよく割っていますが、信じられません!!!

価格

近所の酒屋で700mlが1,000円ほどで購入できます。

パグゆきは思った

まだまだ自分の舌がウイスキーを明確に判断できるレベルに達していません!ジョニーの5種類を見極めろと言われても当分、、、一生無理かもしれませんね(笑)

★★★☆☆:飲みやすいので、初心者にもお勧め!

フォローして最新情報をチェック

 - ウイスキー