横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

海外移住で節約する、節約できる費用まとめ。

更新日:

save

お金を貯めるために日本の生活でも節約をしている家庭は多いと思う。
「じゃ、海外での生活でも節約できるの?」と思っている人へ。海外でも節約しようと思えば完璧な節約生活が送れます。

海外への移住目的にもよって節約するか、節約しないか、考え方が変わってくると思うけど今日はそんなことは無視して海外移住での節約方法をまとめました。

スポンサーリンク

海外で節約できること

生活費用の節約という観点で考えると日本と同じです。まずは固定費となってしまうものを節約することです。海外生活で固定費となるものを考えてみましょう。

・家賃
・光熱費(通信費)
・食費
・お金の両替(為替差損)
・保険

大きくは5つが固定費として考えられるでしょう。この5つの項目の中でも「お金の両替」は海外生活をすることで生まれる特殊項目となります。それ以外は日本と同じ節約項目になるはずです。

ではひとつひとつ海外で節約できる方法を見てみましょう。(家賃と光熱費はバンコク生活を例にしています。)

生活レベルによって家賃はピンきりだ

家賃に関してはタイ・バンコクを例にしてお伝えします。東南アジアはまさに建築ラッシュが起こっており、バンコクは特に東京と同じ、それ以上に高層マンションが建っています。

日本に住んでいると高層マンションは家賃が高いと思いがちだけど、タイ・バンコクの家賃は3万円前後からでも高層マンションに住むことができます。日本では20万ほどするかもしれない広い部屋でも6万円ほどで住めるとこもあります。

高層マンションではなく、アパートを選択する手もあります。バンコクではアパートは6000円前後からありますがタイ人向けです。日本人が住むのであれば最低でも15,000円ほどからが、日本人が住めると思える部屋になり無難です。

毎日生活をするので3万円前後のマンションに住むのが、衛生面やセキュリティを考えたら無難な生活拠点になることでしょう。

電気は特に高いぞ!

生活する上で絶対に必要な水道・電気・ガスの光熱費。使わなければもちろん支払い金額は安くなる。まずバンコクではマンションにガスはありません。コンロやシャワーも電気で熱を起こします。また”水”に関してはめちゃくちゃ安い。夫婦2人で普通に使っていても300円もいきません。

でも、電気はめちゃくちゃ高いです。

暑い国でエアコンをガンガン使うけど電気が非常に高いので、エアコンを我慢して扇風機を使う。外の風を部屋に取り込めるようにするなど工夫をすることで電気代の節約が必要です。バンコクに住んでいる日本人は電気が高いと口をそろえて言います。

輸入品は価格が高い

日本でも輸入品を買おうとすると価格が高いですよね?これは海外どこに行っても同じです。海外に住んでいて毎日その国の料理では飽きてしまいます。日本人であれば日本食を食べたくなります。これをいかに自炊でカバーし、外食を控えるかがポイントです。

東南アジアであれば物価が安いから日本より少し安い金額で食べることができるけど、ヨーロッパやアメリカで日本食を食べると日本との価格比較でも1.5倍くらいします。

またお酒が好きな人、要注意です。日本も酒税がかかっているけど、海外は日本以上に酒税が高額です。アルコールが高い。ガブ飲みしてしまうとすぐにお金が吹っ飛びます。健康のためにもアルコールを飲むのを抑えていきましょう(笑)

為替差損を意識して両替をする

海外で働いて現地通貨でお金をもらっていれば問題ないと思うけど、日本円しか持たずに海外に移住をすると、日本円を現地通貨に変える度に手数料と為替差損が発生してしまう。実はこれが非常に痛い出費だ。

お金がないと生活できない、お金は絶対に必要になるため両替所が有利な展開になってます。今、住んでいる場所で1番両替レートがいい場所の情報収集はできていますか?また毎日レートのチェックをしていますか?

2014年12月現在では円安になっています。どこまで続くのか予測ができる人はいいと思うけど、たいていの人はどこまで円安が続くか予想するのは難しいはず。現地通貨が必要になったタイミングではいつもより多くの両替をしてみるのはどうでしょうか?とくにアジアの通貨は変動が激しいので、国の政治とかで暴落する可能性もゼロではありませんし。

為替の基礎は勉強して損はしません。むしろ節約のために役立つ情報に変わります。

保険の考え方は難しい

1番節約で難しいのが保険の考え方だ。日本の海外旅行保険に1年加入することも手段のひとつであるけど、すげー高額だ。かといって保険に加入しないのはリスクがあると考えている人は、現地でも外国人が加入できる保険もある。日本のような手厚いサポートはないけど、ゼロサービスよりは安心感があるはずだ。

また日本の国民健康保険も海外で適用できる。料金は後払いになるから、まずは自分でお金の立て替えが必要になるけど、日本で収入がないのであれば保険料も安いはず。まったくの保険ゼロよりも安心じゃないだろうか。

海外移住で3ヶ月ってことはないけど、クレジットカードの海外保険も使えるようにしておこう。

パグゆきは思った

海外生活で1番節約できるのが家賃だと思う。日本では絶対に住めない広くて高層なマンションに住む必要は本当にあるのだろうか?普通の生活を送り幸せな時間を過ごせるのであれば、3万円前後のマンションで十分です。

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.