横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外移住準備

海外で仕事したいと思っている人が陥る「罠」自ら道を切り開くしかない

更新日:

3927144418 93f37d0b0c z 1

海外でビジネスしたい、働きたい。
やればいいじゃん!って思うのは私だけだろうか?

「私も海外で働きたい」という思いを持っていたので、タイに海外移住をした一人です。海外でビジネスする、働きたいはイコール、リスクが伴うと思っている人がたくさんいます。

何がリスクなのかは人それぞれなのでレベルがありますが、行動をするか、行動をしないかは、本当に海外で何かをしたいと思っているのか、思っていないのかハッキリ分かります。

今日は海外で仕事をしたいと思っている人が陥る「負のスパイラル」を私の目線からレポートします。

スポンサーリンク

海外で活動したいのに日本にいるの?

■海外進出のチャンスがあればな〜
■海外で働ける口があるだろうか
■外貨稼ぎたい

このような受け身の人、たくさんいませんか?
海外で何かをしたいのは分かったけど、何を待っているのか、私には理解ができません。

次が私の回答です(笑)
■海外進出のチャンスがあればな〜
●作ればいいじゃん

■海外で働ける口があるだろうか
●探せばいいじゃん、俺タイで働いてるし

■外貨稼ぎたい
●稼げばいいじゃん、俺タイバーツで外貨が給料だし

口では海外キーワードを出しますが、いっさい海外に行こうとしないし、行動をしない人が多いのです。グローバル化が騒がれているから、その言葉に乗ってみようと思っているだけ。

本を読んだり、他の海外経験者から話を聞いたりはしているのでしょう。ただ海外で何かをしたいと思うのであれば、日本にいては自分自身では、ほぼ何もできないでしょう。

本気で海外で何かをしたいのであれば、その熱意をそのまま行動へ移すことが重要です。

私の身近であるイラっとさせる例

日本から付き合いがある人が、私がタイに行くことを知って「こいつと一緒にタイでビジネスをしよう」と心の中で考えているのか、何かとメールや電話をしてきます。

結論を言うと「現地にいる人に丸投げしたい」
こんな素晴らしい商品、これが売れそうと思っているんだ、と言ってきますが、さきほどのように自分でやればいいじゃんって感じですよね。

日本の会社から駐在として来て、会社のために現地情報吸い上げろ、現地で売れそうなものを売ってこいと言われているのであれば、やるしかないかと思うかもしれません。

個人として海外進出を狙っているのであれば、やっぱ自分で状況判断と行動をしないかぎり、一緒にビジネスをやろうなんて思いません。イラつくだけです。

海外で本気でビジネスをしたいのであれば

本当に海外で仕事をしたいのであれば、現地に行くのは当たり前です。現地に行かないで判断なんて出来るはずないし、人あってのビジネスです。会ったこともない、日本にいる人を誰も信用してくれません。

また海外でのビジネスは、自分で道を切り開いていくしかありません。日本では役職者でも海外では現場にドップリ浸かって考えないといけないことも多々あります。

柔軟性が重要です。

歳をとると柔軟な姿勢も奪われていきます。海外まで来て現場対応なんてやってられないと思っている人、失敗するでしょう。

日本とはまったく違う視点で物事を考えれる人でないと、海外の環境や文化に対応できる人でないとビジネスを維持・拡大が難しいです。

熱意・行動力・柔軟性
この3つが絶対に必要です。どこの社会にいても当たり前のことですが、海外ではさらに強く求められますし、日本で行動力があると思っていても、海外では普通以下と感じることもあるはずです。

さいごに

私が今回伝えたい事をシンプルにすると、海外で何かをやりたいのであれば、自分自身でガンガン動くこと。知り合い達からは情報収集をして、自分で道を切り開きましょう。

-海外移住準備
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.