横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

日本グルメ 製品レビュー

缶つま「牛タン焼き」が缶詰のレベルを越えた旨さだった

更新日:

kantsumagyutan

日本の高級缶詰缶つまシリーズ
私の海外移住先のタイでは牛肉を食べる文化がないので、牛肉を普段から食べることが難しいです。

もちろんタイでもお金を出せばステーキ屋、日本食レストランや居酒屋で食べれますが、手軽感はまったくありません。

今回の缶つまは、牛タン焼き ねぎ塩だれ
タイで牛タンを食べたことがないかもしれません。
これは楽しみだ!

スポンサーリンク

缶つまシリーズ「牛タン焼き、ねぎ塩だれ」

初の缶つまは、厚切りベーコンだったのですが、私は満足しました。
自分では作ることができない味、海外移住先でもなかなか食べることがない味付けだったからです。

今回は”牛”じたいが食べる機会が少ないので、超期待してしまします。

kantsumagyutan

パッケージ裏側には、今回の牛タンの説明が書かれています。
ダイス上の牛タン、旨そうなメッセージが書いてありますね。

kantsumagyutan2

箱から取り出してみました。

kantsumagyutan3

開封!!!

kantsumagyutan4

おーー、、旨そうな肉が出てきました。
しかし量が少ない。もっと食べたくなる程度の満腹感で終わってしまいそうな量です。

kantsumagyutan5

ガンガン食べているうちに写真を撮るの忘れていました。
ひとつひとつの牛肉が非常に旨いです。

さいごに

量が少ないです。
ビールを飲みながら食べましたが、やっぱ物足りなさを感じました。

味付けは旨いけど、ひとつ500円ほどする缶詰なので、コスパがいいとは思えません。まー、非常食、海外で日本の味を食べれると考えたら良いほうですかね。

-日本グルメ, 製品レビュー

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.