横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

「2回目のラオス旅行」なら少しマニアックな南ルート。

更新日:

lao

パグゆき@pagyukiです。

まずラオスへ旅行しようと思ったら、ラオスの北部の街へ行くと思います。日本からのパッケージツアーのすべてがラオス北部の旅になっています。

●ラオス旅行で訪問する王道の街
・首都ビエンチャン
・ルアンパバーン
・バンビエン

詳細記事:ラオス旅行の「鉄板ルート」まとめ。迷ったら絶対にこのルートだ!

じゃ、ラオスの他のルートはないのか?
あります!!

今日はラオスのゴールデンルートは既に行っていて、2回目のラオス旅行をする人、ゴールデンルートでは物足りない人のために、マニアックなラオス南ルートを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

南ラオスの旅の中心地はパクセー

pakuse

南ラオスの旅の中心になる街はラオス第三の都市「パクセー」です。地図を見るとかなり南に位置しているのがわかります。

パクセーまでどうやって行くの?

ラオスの移動は非常にハードルが高く、かなり面倒な移動になります。ラオスまでの入国手段によってパクセーまでの道のりは異なります。よくある移動手段を一覧にしました。
※リンクをクリックすると航空会社サイトへリンク

●ビエンチャンから飛行機
日本からとりあえずビエンチャンまで来てしまう。その後ラオスの国内線でパクセーまで乗り継ぎという手段があります。バスという手段もありますが、10時間以上バスに乗ることになるので、かなり移動がキツイです。

●バンコクから飛行機
バンコクからLCCノックエアーでパクセーまで直行便が運行されています。ラオス南ルートを旅することが目的ならバンコク経由が便利です。

●タイから陸路で入国
バンコクからLCCのエアエイジアでウボンラチャターニまで飛行機で飛びます。バンコクーウボンラチャターニは片道3000円ほどです。ウボンラチャターニからパクセーまでは国際バスで4時間から5時間ほどで行くことができます。

パクセーはホテルも充実

ラオス第三の都市だけあってホテルは充実しています。バックパッカー向けにゲストハウスも充実しています。宿泊場所に困ることはないでしょう。

●ラオスのホテル予約が可能なサイト:ラオス:パクセーのホテル一覧

何もやることがないパクセー

南ラオスを旅行するにはパクセーの街が中心になることは間違いない。でもこのパクセーの街、超つまんないです!

レストランはあります。でもウマくない。観光スポット、、、ありません。なのでパクセーに何日も滞在してもやることがありません。

パクセーからは早めに脱出しましょう!

パクセーからさらに南へ

Wat Phou

パクセーからさらに南へ行くと世界遺産の遺跡がある街「チャンパーサック」、自然を満喫できる滝「コーンの滝」がある。パクセーはあくまでも「チャンパーサック」と「コーンパペンの滝」までの中継地点となる街と考えよう。

チャンパーサック(世界遺産ワット・プー)

パクセーから南約50キロに位置するチャンパーサックという街にはラオス最大の世界遺産の移籍「ワット・プー」があります。ワット・プーはカンボジアで有名な遺跡アンコールワットと同じ人種の人が作成したヒンドゥー寺院です。

遺跡は保護されていないため、かなり崩れています。修復工事も進めていますが修復することで歴史が失われてしまっている気もします。ワット・プー本殿は山の山頂にあり、山頂から見る南ラオスの風景は絶景のポイントです。

この景色をみるだけでも価値ある旅になることでしょう!

●チャンパーサックまでの行き方
パクセーのバス乗り場から乗合バス(かなり大型のジープの荷台)に乗って1時間ほど移動します。暑いのでけっこう疲れます。脱水症にならないように水分補給を忘れずに!

●チャンパーサックのホテル
ホテルと呼ばれるような宿泊場所は1件しかありません。ゲストハウスが中心になっています。
・ホテル予約サイトへリンク:チャンパーサックのホテル一覧

コーンパペンの滝

パクセーから南へ150キロほどのところに位置する滝群がコーンの滝です。この滝群の中でも最も大きな滝が「コーンパペンの滝」です。また運が良ければ川イルカが見ることもできます。

滝から離れた場所には湖が広がっていて、湖の周りには欧米人が好きそうなバンガロータイプのゲストハウス、ホテルが並んでいます。滝を見る以外は正直何もないので、のんびりと自然を満喫して、本を読んだり、お酒を飲んで日本では味わえない時間の過ごし方をしましょう。

何かアクティブに観光したいと思っているのであれば、滝はお勧めできません。むしろ南ラオスをお勧めできません(笑)

●コーンパペンの滝への行き方
パクセーから乗合バス、もしくはチャンパーサックから乗合バスで行くことができる。なのでチャンパーサックに1日よってからコーンパペンへ行くという手もある。

●コーンパペンの滝のホテル
滝から少し離れた場所にホテルやバンガローが点在しているので宿に困ることはないでしょう。
・ホテル予約サイトへリンク:滝周辺のホテル一覧

パグゆきは思った

ラオス初めてで南ルートを選択する必要はありません。まずは北部の「鉄板ルート」を制覇してから南ルートを旅することをお薦めします。

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.