横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

ラオス「ルアンパバーン」でノマド生活!この街は最高だっ!

更新日:

ルアンパバーン

パグゆき@pagyukiです。

タイに海外移住してからは東南アジアへ旅をしたいと思わなくなったと言いましたが、結局ラオスの世界遺産の街ルアンパバーンにやって来ました。

まず旅の目的としては慌ただしいバンコクから抜けだして、自然豊かな場所へ行くこと、そして旅先でノマド生活を体験することにしました。

なぜルアンパバーンを選んだかって?

まず私はラオスという国の自然が豊かでノンビリした環境が大好きです。(ネガティブに言うと貧乏な国となりますが・・)また人がすれていないです。
海外の観光スポットに行くとボッタクろうとして外国人に歩み寄ってくる人がいます。彼らも生活がかかっているので、しょうがないと思うこともあるけど、こんな人と出会いたいとは思いません。

ノンビリしている、人がスレていない、この2点でラオスを旅先に選び、ココでノマド生活を開始しました。今日は私が感じるラオスという国の紹介、実際にラオスでのノマド生活を公開します。

スポンサーリンク

ラオスの人ってどんな人なの?

ラオスの人でもスレている人はいます。でも少ないです。ラオス人の男性は話しかけるまで無口、話した瞬間も淡々としている人が多いです。女性も基本的には無口です。これまた淡々としている人が多い。

「じゃ、絡みづらいじゃん!」って思った人、そんなことはありません。

ラオス人はシャイなんです。
笑わないんではなくて、緊張しているんだと思います。外国人と毎日のように接しているホテルの受付スタッフさえもシャイな人が多いです。初めて話をするとき、2回めに話をするときとかなり印象が違うと思います。

積極的に話をしてあげると逆に喜んでくれる人が多いです。

ルアンパバーンの街はどんなんなの?

ルアンパバーンは街全体が世界遺産になっています。
世界遺産だから騒がしい、旅行者がたくさんいる街と思われてしまうかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

めちゃくちゃ自然に囲まれて、ゆっくりとした時間が流れています。

街全体は3時間ほどあれば全て観光できてしまうほどの小さい街。木造建築物が並んでいて、町並みが美しいです。少し歩くとメコン川が見えます。コーヒー牛乳のような色をしているけど、川の流れを見ているだけで心が洗われます。

自然と触れ合うのが飽きた人は寺巡りをしてみるのはどうでしょうか?
ルアンパバーンの街の中に10個ほどの寺があります。ひとつひとつ特徴があるから遊びに行くのもいいでしょう。

ルアンパバーンの物価はどうなの?

バンコクと比較してかなり安いと思います。
どのような生活レベルを求めているかによってかわってくるかと思うけど、ケチればケチるだけ安く済ませることができるし、リッチな生活を求めている人にはホテルだけはリッチ、それ以外はお金を使う場所があまりありません(笑)

ざっくりとですが目安を紹介します。

商店や屋台で買える飲食物

ラオスにはまだコンビニがありません。個人商店が並んでいます。金額はどの個人商店でもだいたい同じです。

▼水1,5リットル:5000キップ(約60円)
▼コーヒー:5000キップ(60円)
▼ビール640ミリ:10000キップ(120円)
▼でかいサンドウィッチ:15000キップ(180円)
▼屋台ぶっかけご飯:10000キップ(120円)

またオシャレなカフェも数件あります。リッチな旅人が足を休めることもできるようになっています。

ホテル、ゲストハウスが並ぶ

ラオスではホテルとゲストハウスがたくさんあります。ホテルはやっぱ高いです。でもゲストハウスは非常に安いと思います。次の価格が参考価格です。

▼ホテル:40USドルから120USドル(4000円から12000円)
▼ゲストハウス個室:60000キップから150000キップ(720円から1800円)

ゲストハウスは値引交渉に応じてくれるとこもあるし、エアコンを利用するかしないかで価格も変わります。たくさんあるので自分の足で探してみるのもいいでしょう!

ルアンパバーンでノマド生活は快適なの?

ノマドに絶対必要なWIFIは、どのホテル・ゲストハウスで無料で利用ができます。あとは持っているパソコンが無線をキャッチできるようにしておくだけです。

部屋の中であれば当然のように作業ができるけど、もっと快適な場所がゲストハウスでもだいたいがバルコニーがついていて、椅子と机があります。バルコニーからメコン川を眺めながら、山を眺めながら作業をするのが最高に気持ちいいです!

ノマド環境には最高です!!!

パグゆきは思った

ラオスはビザ無しで1ヶ月滞在することができます。ルアンパバーン以外の街でも自然豊かでシャイなラオス人が待っています。いちどハマってしまったら抜け出せないような気がするラオスノマド生活です。

-海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.