横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外移住準備

俺は本当に未知な国「ミャンマー」へ行ってみたいのか?

更新日:

未知なるミャンマー

タイに海外移住してから東南アジア周辺国へ行ってみようという気持ちが薄くなった。昔は東南アジアの行ったことない国に全てまわってみたいという思いがあったけど、いまや東南アジアで行ったことない国が『ミャンマー』しかないのだ。

ミャンマーという国を頭に思い浮かべてみると元軍事国家、独裁政治といった政治がらみのことしか思いつかない。観光名所はって言われるとまったくもって思い浮かばない。

そんな国を少しでも知ってみようと思って手に取った1冊。未知なるミャンマー

スポンサーリンク

後進国の後ろには中国の影

東南アジアの国々は中国と隣接している。中国との国境付近には中国の資本が入った会社がガンガン投資をしていて中国人の手が伸びている。自分が知っているだけでもラオス北部、ベトナム北部は中国人がたくさんいた。ショッピングモールらしきものが建設されたりホテルがあったり、だいたいが中国資本だった。ミャンマーでもそのような動きがあるようだ。

天然ガスの発見が相次ぎ、急速に開発が進んで輸出収入の柱になった

すべて中国が資金をだして開発が続いている。ミャンマーはお金が手に入り、中国は資源とミャンマーに恩を売れてウハウハだろう。この関係にビビっているアメリカがミャンマーと早急に良好な関係を築こうと焦っているほどだ。

東南アジアではどこでも汚職満載

東南アジアは汚職天国だ。それはミャンマーだけはない。

ミャンマーは汚職天国である

これはアジアの文化といっていいだろう。。。

パグゆきは思った

ミャンマーを旅する、ミャンマーという国を考える、実際にミャンマーに行くタイミングによって感じ方は違うと思うけど本を読んでいても行きたいという気持ちにさせる国ではないなー。

-海外移住準備

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.