横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

豆知識

塩野さんの「男たちへ」は、男が本当の男になるためのバイブル

更新日:

男たちへ

パグゆき@pagyukiです。

やっぱ男だったら男らしく生きていきたいと思うし、いつでもandいつまでもカッコいいと思われたい、女にもてたいと思ったりして、カッコつける男は多いでしょ。自分もそういうときあるだろうし(笑)

やっぱ人間は相手がいての自分だし、男も異性がいての男だから、自分が思い描いている人間になっているのか男になっているかを自分で判断するのは難しいと思います。

男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)

大先輩の女性から本当の男になるための言葉を頂きましょう!

インテリ男はなぜセクシーではないのか

わたしたち女は、男を尊敬したくてウズウズしている
P218

さっきも話したけど、人間は相手がいて人間関係が成り立つ。
女性でも男性でも相手の異性をを意識する場面がたくさんあるし、その意識に答えを出すことで、相手の期待に応えお互いが認め合う関係に発展するのだろう。

塩野七生さんはイタリアで長年在住している女性の作家。自分の思い描いているイタリア人の男って、女性に対するパーフェクトな対応をする人種だと思っている。そんなイタリア人に囲まれて生活していると日本人の男ってちっぽけにみえるだろうなー。

●おとこが上手に歳をとるために

戦術1 自分の年齢を頭の中に刻み込んでおく
戦術2 自分の年齢と共存共栄方法を考えておく
戦術3 若作りをしない戦術4 自然体であること
戦術5 1カ所はでな色を使う
まだまだ戦術あり。
P330

どんな時でも自然体でいれることは重要だと思う。自然体であれば異性でも初めて出会った人の前でもいつもの自分に気付いてもらえる。これは非常に重要なことですね。

戦術5の派手な色を使うは、塩野さんが海外生活が長いからかなー?でも派手な色を使うことは自分を豊かにしてくれるし、自分に似合う色を探すため、センスを磨けると思う。

●食べかたについて

文明とは、文化と違って、生きるマナーである
P234

これは男とか女とかを考える前に、非常に考えさせられる言葉。
こんな事を考えて生きている人ってすげーなー。

●外国語を話す事など

外国語を話せる事を自慢するような人は、救いようもないバカである。
P362

自分も英語を話せるようになったけど、自分なんかより語学が堪能な人は沢山いる。
話せるようになった過程を伝えたりすることはあるけど、自慢する事は相手に不快を与えますね。
語学にかぎらず、自慢をすることは自分を満足させることだけだから、聞かれるまで言わないのがカッコいい奴、自然体な人と思われるでしょう。

パグゆきは思った

男へのメッセージを塩野さんから貰ったけど、塩野さんの言葉って重いし考えさせられる。
頭をスッキリした状態で読まないと何を言っているのか理解できないことがあった(笑)
これは男を磨く為の参考書!

-豆知識

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.