Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

初めての走るSL「パレオエクスプレス」を見て感動した!!

      2015/07/05

秩父鉄道

まったく鉄道、バス、飛行機、船などの「乗り物」に興味がないパグゆき@pagyukiです。です。

普段の生活で乗り物は移動手段であって、どんな形でもあまり気になりません。乗り心地がよい乗り物があるのも確かですが、長距離を移動しないのであれば、”どれに乗っても同じ”と思ってしまう人間です。

自分のまわりにも鉄道が好きで最新車両、もう走らなくなる車両があれば写真に納める。新路線がオープンした時には車掌のアナウンスを録音するほどマニアックな友達もいます。

いままで、あまり鉄道に興味がない自分は電車を写真に撮って面白いの?と小バカにしていたかもしれません。今日をもってネガティブな思いを撤回し、「ごめんなさい!」と正直に謝ろうと思います。

初めて走っているSLを見てテンションめちゃ上がりました!!

秩父鉄道:長瀞駅(ながとろ)

親戚が鉄道写真を撮ることに熱を入れていて、SLが走る場所があるから一緒に行こうと話になりました。自分もSLは見た事がないから興味ゼロってことはなかったけど、ただの電車じゃんという思いもありました。

SLが走る場所は埼玉県の秩父にある長瀞駅。すごく小さな駅です。

長瀞駅

長瀞駅は秩父鉄道と呼ばれる鉄道路線のひとつの駅で、埼玉県の北部を東西に横断する路線で”熊谷”〜”秩父方面”までを結ぶ電車です。この路線は約60キロほどで、この間をSLが走ります。

パレオエクスプレス

パレオエクスプレス

秩父鉄道を走るSLは”パレオエクスプレス”と呼ばれ1年間のうち冬の期間を除いた土日祭日を中心に走っています。

今回は乗車することはなく、パレオエクスプレスが走っている姿を長瀞駅で見てきました。遠くの方からすごい音を立てて向かってきます。SLが近づいてくると蒸気の音がマジで激しい。横を通りすぎた時の圧倒的な重量感がある迫力に驚きました。

初めはカメラを持っていたけど、写真を撮るつもりはなくSLを眺めようと思っていただけなのに、思わずシャッターを押しまくり。少し鉄道ファンが電車をカメラに収めたい気持ちが分かりました。

SLの出発場面

パレオエクスプレスをみるのになぜ”長瀞駅”だったのかというと駅で5分くらいの停車時間があるんですね。止まっているSLを見ることもできるし、カメラマンは写真をとるポジションを変えて、SLの出発に備えることが出来るんです。

自分も駅に到着したSLを確認してからはダッシュでSLの出発の写真を撮ろうと必死でした。いつのまにか鉄道ファンに紛れ込んで、一番いいポジションで写真を撮ろうと熱くなってます(笑)ここで完璧に自分も鉄道ファンの気持ちに切り替わってますね。

鉄道ファンになった自分はいつでもSLが見れるように動画で撮影しました。

いやー、すごい迫力だ!

パグゆきは思った

鉄道ファンになる過程を語りましたが如何でしたでしょうか。圧倒的な迫力におされて写真を撮りたいと思わせるSLは鉄道ファンにとっても注目の存在だと思う。ネットでSLを調べると九州方面に多いみたいだから、いちどSLを巡る旅で九州に行くのもありだなー。

※小ネタですが、親戚は毎週のようにSLを追いかけているみたいです。SLブログでも作ってあげようかなー。

 - 写真, 日本旅行