横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

麗江のナイトタイム。コレこそが”千と千尋”と似ている街?

更新日:

rijan-night

先日、「雲南省の街「麗江」は”千と千尋の神隠し”?まぁそうなのかも?」と紹介したけど、昼の麗江の写真を見ていても、いまいち”千と千尋”のイメージとマッチしないのではないかと思った。

千と千尋のイメージと近いのは夜の時間です。

実は麗江の街は昼と夜でまったく異なる顔を持っている街になります。昼の時間でもノンビリしている空間を十分に楽しめるけど、夜は夜で騒がしい街を楽しむことができます。少し作られた感じは否めませんが。

今日は麗江の夜の街を写真でまとめてみました。

スポンサーリンク

夜になると景色が豹変する街

rijan-night

写真撮影スポットから写真を取るとトップの写真のような瓦屋根を一面に見ることができる。麗江の見どころのひとつです。これが夜になるにつれて屋根がライトアップされてきます。このライトアップが幻想的なので好きな人には感動を呼ぶことでしょう。

冷静な方、、、「作ってんじゃん!」ってなることでしょう。女性と一緒に見に行って全否定して失敗しないようにしましょう。そうです、女性は作られていようが麗江の夜の時間に引き込まれていることが多いようです。私は失敗しました!

rijan-night

少しアップにしてみると1番奥に見えるデカイ建物のライトアップが”千と千尋”とイメージが似ているかな?

今度は山から下に降りて、街の散歩をしてみます。

街の中を歩いてみる

rijan-night

街の中もイイ感じになっています。人通りが少ない道を散歩すると気分が良いです。まったくライトアップされていない通りもありますので、あまり迷いすぎると迷子になります。迷子にならないように知っている道だけを歩くことをお薦めします。

rijan-night

屋根と空を入れて1枚。昔のライトアップはロウソクや提灯のみでしていたのでしょうか?それとも現代になってライトアップがされるようになったのでしょうか?昔の中国人も知らなそうです。

rijan-night

街の中心街を歩いてみます。人、
どっからか湧いてきたかのように人が溢れています。人混みに溢れているし、中心街はディスコが集まっています。ディスコと世界遺産の組み合わせが超アンマッチです。近づく必要はないでしょう。ガッカリします。

山のほうを見てみる

rijan-night

さっきまで登っていた山のほうを見てみましょう。おーー、また屋根を見るのと、街を歩くのと雰囲気が違います。この景色を静かな場所から見るとなんだか安らぎます。

rijan-night

ライトアップにフォーカスを当てて写真を撮ってみました。やはり作られた感じはあるけど、幻想的には作られています。

パグゆきは思った

麗江の夜は、見方によっては幻想的、一方で作られた街、判断が難しいところです。せっかく雲南省の奥地まで来ているので楽しめるようにメンタルをポジティブにしてから麗江へ行きましょう(笑)

DVDで事前に予習するのもありかも?

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.