横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

緑茶が甘い!!タイで緑茶ビジネスを開始したら儲かるのではないか?

更新日:

4198240094_2db418b899_z

先日、伊藤園がタイで「おーいお茶」を本格的に売り出すとニュースがでていました。健康思考で緑茶はアメリカやヨーロッパの欧米では徐々に人気が広まっているようだけど、東南アジアではなかなか広まっていないですね。

なぜでしょうか?

東南アジアの中のタイではコンビニで伊藤園の「おーいお茶」が売っています。日本人にしてみれば日本の緑茶が美味しく飲めるから嬉しいですが、タイ人にしてみれば渋い甘くないお茶は飲めないって言われます。

「甘い緑茶ってなんだよ!!」って思った人も多いと思うけど、タイではお茶系の飲み物はだいたい砂糖が大量に入っています。コーヒーなんかもそうですね。だから日本人が好むような無糖(あたりまえ!)の緑茶はタイでは流行らないんですね。

日系企業の大手の伊藤園が「緑茶」で勝負にでるってことは、お金を投資してプロモーションするなり新製品をだしたりすることでしょう。そのマーケティング施策が実るタイミングで、個人運営する茶畑の人がタイの緑茶市場に参入したら売れると思います。

なぜそう思うのか徹底解析しましょう!

スポンサーリンク

タイは空前の日本ブーム

まずタイは異常なほど日本ブームが来ています。日本食のチェーン店は死ぬほどありますし、日本のお菓子がタイのコンビニで買えたりします。このコンビニ自体も日本のものがほとんどです。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンと全部日本で聞いたことがあるコンビニです。

このコンビニ内でも日本の物(タイでローカライズされたもの)が沢山売られていて、タイ人が当たり前のように日本の物を購入して行く姿をみます。

そうです、日本の物は何でも売れてしまいそうな雰囲気がでてます。

ビザが緩和され日本に行くタイ人も激増!

あえてここで言うこともないけど、去年2013年よりタイ人が日本へ訪問する為のビザが緩和されています。そのため日本ブームにさらに火をつけた形になって、タイ人が好きな国を聞くと多くのタイ人が「ジャパン!」と答えます。

こんな日本ブームのタイで日本の物を売り出すには絶好のチャンスが到来しています。

じゃ、緑茶はどうなんよ?

今日のテーマの緑茶ビジネスですが、この日本ブームに乗っても難しいところがあります。それはタイの飲食企業が日本を真似て日系企業より早く”緑茶”をプロモーションしているからです。

企業名は、「オイシー」日本語のウマいって意味です。日本語を企業名にするなんてビジネスセンス?まぁ柔軟に対応できる経営者がいたんですね。この”オイシー”はタイ国内で絶対的な信用を得ている企業です。日本をマーケティングするのはもちろん幅広く飲食業界、小売り業界に携わっているタイ国内の大手企業なんです。オイシーが提供しているものはウマいってタイ人の頭にはインプットされています。

緑茶に関してはどうでしょうか?

もちろん”オイシー”の緑茶製品があります。それもタイ人に合わせて作られているので、加糖の緑茶ももちろんあるし、加糖のウーロン茶も販売されています。タイ人は加糖の飲み物を飲むのを好むから”オイシー”ブランド、プラス加糖のダブルパンチで販売しているんです。なかなか手強い相手です。

伊藤園のプロモーションは見物

伊藤園が本気でタイ市場に緑茶「おーいお茶」で勝負すると話がでていて、ローカル企業との比較についても語られていましたが頭で分かっていても、いざ市場にでればタイ人や東南アジアの人にささらない可能性もあります。

すでにコンビニで緑茶は売られています。さらに売上げを伸ばす為にどんな施策を考えているのか楽しみです。facebookでファンページを作りました程度であれば、正直残念としかいいようがないでしょう。。。

伊藤園のプロモーションが成功したら?

伊藤園のプロモーションが成功して「おーいお茶」、無糖の緑茶が認知されたら、タイ人も緑茶は砂糖をいれないで飲む物だと理解してくれることでしょう。そうなれば個人経営のお茶畑にもチャンスが生まれるんじゃないでしょうか?

個人でプロモーションしても、なかなか実らないことでも大企業がブーム巻き起こしてくれたら便乗していけばいいことでしょう!

なぜこんなに緑茶について熱く語るのか?自分も緑茶ネタをもってるからですよー(笑)

パグゆきのまとめ

タイで日本人が個人的にビジネスを始めるのには難しい市場だと思います。タイ人のマーケット分析をしている人はわかると思いますが、タイ人の好みってメディアに踊らされていませんか?ネット情報社会で生きている現代人の中でも東南アジアは特に踊らされている気がします。

お茶ビジネスって響きは良いけど、タイ人が本当に緑茶を砂糖なしで飲む習慣が根付くかは、まずは大手企業の戦略に関わってくると思います。習慣を変える、文化を変えるのは個人では不可能です。

がんばれ伊藤園!

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.