横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外旅行

旅のスタイルは人それぞれだけど、日本人の旅スタイルはまだまだ改善点多いと感じる理由をまとめました。

更新日:

サバイバル地球旅行

旅のスタイルは人それぞれで、旅行記を読んでも”それぞれの旅”の話が展開される。旅はその人のスタイルによって見える物が全く違ってきます。

日本人の旅のスタイルで定番なのが「海外旅行ツアー」。こんなに充実したツアーを作って、旅行者に提供できるのは日本だけじゃない?欧米系の人は、どちらかというと自分でインターネットを使って、飛行機チケットの予約からホテルの予約を個人で実行して旅にでるスタイルだ。

日本のスタイル、欧米のスタイル、どっちの旅のスタイルが正しいかなんて無いけど、日本人の海外への視点、日本の旅に対する考え方を否定した本がこれ。

高城剛 サバイバル地球旅行術 (アドベンチャーブックス)

「高城さん」の考え方、旅行術をまとめてあった本。
少し古い本だけど、こんな考え方もあるんだーって部分、”確かに日本人は、、、””確かに旅では・・・必要だ”って気づかされる部分もあったから、参考程度に読んでみると面白い。

スポンサーリンク

サバイバル地球旅行術

「海外へ出て、自分の目で世界を見る」
私たち日本人は、海外旅行後進国と呼べるほど国際経験が乏しいということ

日本人みんなが国際経験を豊かにする必要はないと思うけど、日本人は国際経験が乏しいというのは事実だと思う。海外旅行って部分にフォーカスすると、やっぱツアー旅行の充実が国際経験が深くならない理由じゃないかと思う。飛行場から現地まで、現地滞在も、帰りの飛行場までもガイド付き。場合によっては日本人のガイドが付いていますよね。これではせっかく海外に行っても、その国の深い体験をすることは難しいでしょ。

たしかに安全だと思うし、ウマいものを食べて、美しいものを見れる。でも現地の人との会話ってほとんど生まれないのではないか。

人間はコミュニケーションを取って経験することってたくさんあるから、海外に行って外国人とのコミュニケーションも楽しんで、さらに国際経験を高めて欲しいと思う気がする。

これが、ザ・ジャパンスタイル!

日本の旅行ガイドは、行ったかどうかもわからない人の文章とアンケートと広告で成り立ってます。文責がない情報と広告に大切なお金をだしているのです。

日本のガイドブックは全部同じように見える。その人のテーマにあったガイドブックって限られてますね。日本人全員がツアー旅行をするのであれば、いまのガイドブックで問題ないかもしれないけど、ツアーじゃない人には有益な情報って少ない。

産業地域研究所「20代若者の消費異変」によると、日本人の20代の70%が自由に使えるお金をまず衣料品に使うと回答。

衣料品ってそんなにお金をかけるものなんですね(笑)
バックパッカーをやるとわかるけど、リュックにそんな沢山の服は入らないし。

衣料品は消耗品。旅は頭の中に残る宝物(思い出)。どっちの比重が重い方が自分の未来につながるのか考えよう!

自分でその街の風景を写して、自分でその街を文章で表現して出版したいと考えています。

自分もこのブログを通してやってみたいことのひとつ。訪問した街について書くことになると、ひとつの街にけっこう長期的に滞在しないと、面白い発見ができないから、サラリーマンしながらだと難しそうだけど。

まずは自分が楽しめるのであれば挑戦する価値ありですね。

パグゆきは思った

日本で生活していく上で、海外に目を向けなくても生きていける。でもこれからの日本には海外の人たちも働ける環境を整えてくる法人がもっと沢山でてくると思います。

未来の日本を考えた時に、すこしでも海外のことを知っておくと、もし会社の同僚になった外国人に対して柔軟な対応ができるはず。必ずどこかで役立つでしょう!

-海外旅行

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.