Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

無駄な生活費用を払い続けていませんか?いまの契約を把握して固定費を削減する。

      2016/05/03

16651395369 6b93208988 z

固定費として支払いを続けている生活費用。
銀行口座から自動引き落としになっているから、契約内容を忘れているなんてことがあるのではないでしょうか。

普段から無駄なお金を払わないように注意している人って、意外と少ないんですよね。なので無駄な生活固定費を支払っていたなんて人が多いこと、多いこと。

私の場合、海外移住をする前に日本で生活していた時の固定費用の解約をしました。その際にもっと費用を削減できたと身を持って感じたのです。

参考海外生活と日本の生活での生活固定費の違い

皆さんはどうですか?
今回は無駄な生活費用の支払いを辞めるため、生活に必要な契約を一緒に確認していきましょう。

生活する上での契約まとめ

まず必ず必要なのが家の契約ですね。
実家に住んでいるのであれば、両親が支払いをしているでしょうが、賃貸もしくは購入しているのであればローンの支払いがありますね。

特にローンを組んでいる人、本当に今のローンプランは正しいでしょうか。
最近はマイナス金利のニュースが頻発していますので、ローンプランの再確認で生活費用を抑えることができる可能性があります。

あなたのローンプランが変動金利制だとチャンス有りです。
借り換え、繰り上げ返済などでも固定費を下げることができるかもしれません。
賃貸でも1年または2年更新だと思います。大家さんに値引き交渉をするのは当たり前と考えましょう。言ってみないと何も起こりませんし、意外と安くなるんてこともあります。ちなみに私は撃沈して同じ金額で更新でした。

参考住宅ローン見直し(外部サイト)

家で生活をするとなると、電気・ガス・水道の契約が発生します。
特に電気は契約のプランがあるので高い契約をしているのであれば、今の生活基準に合わせた契約へ変更をしましょう。

特にガスがなく、オール電化の家に住んでいるのであれば電気代の削減は嬉しいですよね。

参考電気料金プラン一覧

続いて電話やインターネット関連です。
いまの私と同じくらいの世代だと家電話を持たず、携帯電話だけを持っている家庭が多いのではないでしょうか。

携帯電話もLineやFacebookのメッセージや電話機能を使えば、電話番号の必要性もあまりなくなってきています。格安のSIMを購入しても十分ことが足りるのではないでしょうか。大手キャリアからの乗り換えも当たり前の世界です。
大手キャリアに毎月定額で8,000円ほど支払いしている人がまだまだ多いです。しかし格安SIMに切り替えてもあまり問題ないと思いますよ。

参考格安SIM比較(外部サイト)

家庭用にインターネットを引くと意外と固定費としては大きな費用になります。
3,000円から5,000円ほどでしょうか。
家庭用のインターネットも利用の頻度や使い方によると思います。スマホが普及した今、あえて家庭用は使わず、スマホのテザリング機能で家のパソコンからインターネットを利用することも可能ですよね。

参考スマホでデザリング(外部コンテンツ)

個人的な契約を確認する

人によっては次のような契約をしているのではないでしょうか。
・保険
・固定資産のメンテナンス

サラリーマン、個人事業主であれ、国に対しての保険以外にも個人で保険契約をしている人もいると思います。保険契約は様々な考え方があるので、一概に見なおせばいいというものではないと思います。

しかし、本当に必要な保険なのか、このタイミングで見直してみるのはどうでしょうか。保険も固定費でいつの間にか支払うのが当たり前になって、無駄と思わなくなってきます。

参考保険一覧比較(外部サイト)

固定資産としては私が特に気にして欲しいのが車です。
車が好きで、趣味で、お金をかけているのであれば、節約なんて言葉はアンマッチでしょうが、必要最低限しか車を使わない人、本当に今の車が必要なのでしょうか。

都内であれば車は必要なくないですか?郊外でその車の大きさは必要ですか?
車を持つことで支払う税金や定期メンテナンスの費用が発生します。

意外と生活固定費用で大きな割合を占めているはずです。

さいごに

私が伝えた生活固定費以外のものがあるかもしれません。
とにかく今日言いたいのは今の固定費を見なおして、生活に使えるお金を増やして豊かになろうってことです。

節約ブログを運営しているプロもいますので、参考までにどうぞ。
参考ノマド的節約術(外部サイト)

フォローして最新情報をチェック

 - 生活