Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

子供の時を思い出す「シャボン玉」は100円で楽しめる物だったっけ?

      2016/01/10

シャボン玉

子供の頃を思い出す遊びを無性にしたくなって、シャボン玉を買ってしまったパグゆき(@pagyuki)です。

今はダイソーやキャンデゥーとかの100円均一ショップで買えるんですね。それもストロータイプでのシャボン玉じゃなくて、大きいシャボン玉が作れるタイプが買えます。

お金を出せば、全自動のシャボン玉もありますね。自分の息の強さでシャボン玉の大きさを変える楽しみ方はもうしないんですかね。

技術の進歩による子供心の衰退です。

シャボン玉の思い出

自分が小さかった時は、ストロータイプのシャボン玉でも100円では買えなかった気がします。
ましてや大きいシャボン玉が作れるタイプは売ってもなかったです。売っていたとしてもプラスチックで作られたワッカタイプのシャボン玉セットでした。今でも売っているようだけど価格が高いですね。

シャボン玉を買ってもらえない時は、シャンプーを水で薄めて、ストローの先をハサミで切れ目を入れて、手作りシャボン玉を作って楽しんだのを覚えてます。手作りは大きいシャボン玉を作れなかったなー。

100円ショップのシャボン玉

シャボン玉

このシャボン玉は¥100円で買えます。

コンビニとかで販売しているシャボン玉セットは¥100円以上して、100円ショップの商品と何も変わりはありません。断然お得です。思い立ってすぐに買いたい時はコンビニで買うしかないけど、子供向けにシャボン玉を買ってあげるのであれば100円ショップへGO!

まじ、100円均一の商品力ってすげー!

自分が小さい時はこんなに大きいシャボン玉を作った経験がありません。すこし感動しました。

パグゆきは思った

シャボン玉に限らず、自分が小さい時にはなかなか買ってもらえなかったオモチャが今は「100円ショップ」で手に入ります。
100円均一ショップの生産力のすばらしさによって、商品の生産が容易になったこと、人の物に対する考え方「同じ事ができるのであれば安い物を買う」があたりまえなんですね。

フォローして最新情報をチェック

 - 豆知識