横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習

「勝負哲学」真剣勝負の中から生まれる勝負の本質を感じ、人として成長しよう!

更新日:

勝負哲学

元サッカー日本代表監督の岡田さんとプロ将棋士の羽生さんの会談。まったく競技が違う2人の会談のテーマは「勝負とは?」。真剣勝負の中から生まれる2人の感性が非常に奥深い。

勝負哲学

競技は違うけど日本のトップにいる人達の勝負についての考え方は、どんな場面でも使える話だったので紹介します!

スポンサーリンク

日本を代表する人でも直感を大事にする

ひらめいた直感はたいてい正しい選択をします。その7割は正しい、というのが私の経験則にもとづいた実感です。

勝負のときもそうだけど、何かの試験とかで暗記していたことを回答するとき最初に書いたものが大体正解。直感がすぐれている人は何をやってもウマくいく人が多い気がする。要するに自分を信用しよう!ってことですね。

勝負の形にこだわるな!

「自分の形」というものにあまりこだわりをもたないようにしています。リスクをとるこことこそリスクから逃れる最高のすべです。

やっぱ何をするにしても柔軟性が求められます。ビジネスをしても自分の形にハマるものしかできない人は成長はしないし、お願いする気にもならないと思います。ただ自分の軸をブレさせては駄目ですよね。自分の軸を持って何事も柔軟に対応していくのが成長に繋がると思います。

リスクを避け続ける事も成長につながりません。初めからできないことをリスクを取ってやれというのではなく、出来るかな、出来ないかなと思う物事を、あるていど背伸びをしながら対応していきましょう。それが成長に繋がります。

印象に残った会話は2点

人を育てるのは人じゃありません。環境です。環境をつくってやるのが指導者の役目であり、コーチングの真髄じゃないでしょうか。

少し考える角度が変わるけど自分を成長させるために環境を変えることは非常に重要だと思う。サラリーマンをしていると”毎日が同じ”って感じている人もいるでしょ?自分で環境を変えることで毎日新鮮な日々を送れます。環境を変えるのは面倒なことも多いけど、成長したいチャレンジしたいと思う気持ちがあるなら環境を変えるのが近道になる場合もあります。

これからはもっと「予測不可能なことになれなくてはいけない」

柔軟性を持ってプライベートでもビジネスでも対応できるようになれば、あなたはスーパーな人間になれるでしょう!

パグゆきは思った

あまりにもかけ離れている世界の2人の対談の本だったから、どんな話をするのだろう?って展開が読めなかったけど、人間として勝負の考え方は、みんな共通しているんだなと感じた。勝負としての本だったけど、人として成長していくためにも必要な考え方だ!

-仕事/学習
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.