横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

東南アジア最強の遺跡。アンコールワット遺跡群で有名な「シェムリアップ」に行ってみよう!

更新日:

ankor

東南アジア最大の遺跡といえばカンボジア・シェムリアップにあるアンコール遺跡群。アンコール・ワットを見たいがために日本からも多くの旅行者が訪問するひとつのスポットとなっている場所である。

「東南アジア短期の旅のゴールデンルート」の記事にも書いたけど、シェムリアップは短期でも長期旅行でも死ぬまでに1度は訪れたほうが良い場所のひとつだと思う。今日はこのシェムリアップの魅力と行き方についてまとめました。

スポンサーリンク

シェムリアップは遺跡王国だ!

もう説明をするまでもないけどシェムリアップに行く目的はアンコール・ワットを見るということ。ただ驚くことにアンコール・ワットしか知らない人が多い。

実はアンコール・ワットを中心として、アンコール遺跡群としてシェムリアップには無数の遺跡が残っているのだ。アンコール・ワットだけを見るのではなく、アンコール遺跡群を見たほうがいいです。人によっては「アンコール・ワットより感動した遺跡があった」という声もよく聞くからだ。

有名な遺跡をピックアップしてみよう。

アンコール・ワット

angkor

カンボジアに少しでも興味を持って調べたら絶対に出てくるのが「アンコールワット」。特に興味がなくてもテレビや雑誌にでていることが多いので知っている人も多いはずだ。シェムリアップに行ってアンコールワットを見学しない人はいないのではないだろうか?

アンコール・トム

ankor

私はシェムリアップに到着するまで「アンコールトム」の存在は知らなかった。ワットの隣にある遺跡だけど、実際に見学をするとアンコールワットよりアンコールトムのほうが神秘的に感じ、感動したのを覚えている。絶対に見逃せないポイントのひとつだ。

タ・プローム

ankor

宮﨑駿ファンであれば抑えておきたいのが「タ・プローム」だ。ラピュタのモデル?って噂が流れる遺跡のひとつ。壊れかけた遺跡に大自然が覆いかぶさっている姿はまさにラピュタに似ている。

ベンメリア

Beng Mealea

「ベンメリア」もラピュタのモデルのひとつと言われている。実際どれがラピュタのモデルなのか宮﨑さん本人にしかわからないけど、遺跡の崩壊具合はラピュタ崩壊とそっくり。かなり森の中にあり、まわりには地雷も埋まっており治安が少し悪いので、時間があれば行くという程度で覚えておく

短期で行くシェムリアップ

日本から短期でアンコール遺跡群を見たいと思うのであればツアーで行くのが最善策だと思う。HISのカンボジアのパッケージツアーを見てみると4日から5日の間でアンコール遺跡群を可能な限り多くまわる、それもガイドまでついて安全も考えてくれたツアーを組んでいる。1週間程度の休みを取得して気軽にいけるツアーなのでありでしょう。

ただ気になるのが価格設定。時期によって異なるのかもしれないけど最低でも10万円はする。ツアーによっては20万程度するツアーもある。この価格であれば自分で航空券を取って、それなりのホテルに泊まれば安くすませることはできるだろう。現地に着いてからの遺跡巡りも自分でコーディネイトする必要があるので手間と言えば手間にはなる。

自分で予約するシェムリアップ

▼航空券を予約する
Expediaでシェムリアップの航空券を確認してみると東京ーシェムリアップの直行便はありません。アジアのどこかの国で乗り換えが必要になります。時期によるかもしれませんが最安値でも6万円を越える程度(※2015年1月時点)になっています。

▼ホテルを予約する
カンボジアのホテルはどうでしょうか?アゴダでシェムリアップのホテルを確認してみると3000円もあれば十分綺麗なホテルに泊まることができます。もちろんリゾート気分を満喫したいのであれば1万円以上のホテルに滞在すれば満足いく時間を過ごせることでしょう。

▼現地で必要なこと
あとは現地で必要となるお金です。まずはアンコール遺跡群をまわるためには車をチャーターする必要があります。ホテルで仲間になった人、もしくは友人と来ているのであれば割り勘にすればたいした金額ではないと思うけど、ひとりで車をチャーターすると高く感じてしまいます。交渉制なのでなんとも言えませんが30ドルー50ドルくらいで1日チャータとかで交渉することになります。

またアンコール遺跡群に入場するためのチケットが必要になります。ツアーだと入場料が込って場合もあるのでお得な場合もあります。
・1日券 $20
・3日券 $40
・1週間券 $60

▼ツアーと比較すると
意外とカンボジアまでは航空券が高いのです。飛行機で6万円+3000円のホテル5泊で1万5千円、アンコールワット遺跡をまわるための費用が1万円としてみると約8万5千円です。自分でスケジュールを組んで、現地での面倒な交渉ごとを考えるとツアーの10万円も納得できる価格になってきませんか?

あとは自分の休暇期間との相談になると思います。出来る限り長い期間、旅行を続けたいというのであれば個人で飛行機を予約して、現地の滞在も個人で予約することがカンボジア旅行ではお勧めです。

長期で行くシェムリアップ

もしあなたがバックパッカーとかで長期間の旅をすることが可能で、その中の訪問先としてシェムリアップを選択するのであれば、間違いなく自分で旅を作る必要があります。では、どのようにシェムリアップに行くのが有効的か考えていきましょう。

バックパッカーとしてシェムリアップへ

東南アジアで航空券が1番安く販売されているところを探しましょう!Expediaで航空券をみてみるとバンコク・ホーチミンあたりはいつも安いのではないでしょうか?

もしバックパッカーとしてシェムリアップを訪問先としたいのであれば、バンコクもしくはホーチミンに飛び立つのがいいのではないでしょうか?シェムリアップの次にどこに行くのかにもよりますが、どちらからでもシェムリアップを目指すことができます。

■バンコクから行く場合
バンコクからシェムリアップまでの国際バスが運行されています。これに乗ればタイーカンボジア国境に連れて行ってくれ、国境でビザを取得、またバスに乗り込んでシェムリアップに到着です。道が悪いので1日移動で潰れると思って下さい。遠いです。

■ホーチミンから行く場合
ホーチミンからカンボジアの首都プノンペンに向かいます。ホーチミンから国際バスが運行されていてカンボジア国境でビザを取得、プノンペンに到着です。プノンペンで1泊してプノンペンからシェムリアップまでの国内移動のバスに乗って向かいます。

どちらも移動に時間がかかり、道も悪いから体力は消耗してしまうけど、あなたはこれからも続く長い旅のスタートを切ったにすぎません。まだまだ序の口、旅の慣れと思ってバスに揺られてみましょう(笑)

■バックパッカー宿もたくさんあります
シェムリアップは旅人もたくさん集まるのでバックパッカー向けのゲストハウスもたくさんあります。事前の予約がなくても泊まる場所は絶対にあります。ある程度の位置関係だけアゴダで確認しておけば問題ありません。

★バックパッカーの自由時間
観光客が多い場所ではあるけどのんびりしているのがシェムリアップです。アンコール遺跡を見るのもよし、何もせずにぼーっとするのもよし、バックパッカーとして自由な時間を楽しめる場所だと思います。

パグゆきは思った

バックパッカーとしてシェムリアップに行くのであれば、遺跡をみるだけでなくのんびりしたシェムリアップをゆっくり楽しんでもらいたいです。日本の田舎以上に田舎を感じる場所もたくさんあるのでゆっくり自分だけの時間を楽しんでみましょう。

ツアーの方、残念ながら遺跡を楽しんでタイムアップです!

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.