横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

高所恐怖症には過酷な世界遺産。スリランカの「シーギリアロック」に行ってみた。

更新日:

sigiriya

スリランカ旅行の最大の見所のひとつに「シーギリアロック」と呼ばれる世界遺産がある。この世界遺産の見学がかなり過酷だ。

まず登山が必要だから体力があるうちに行く必要がある。そして高所に打ち勝つ必要がある。高所恐怖症である私は世界遺産の見学で過去最大に困惑した場所になってしまった。

とにかく「シーギリアロック」は怖いのだ!

今日は私がシーギリアロックで体験した恐怖を交えながら、写真で全貌を伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

では、さっそくシーギリアロックを登ってみる

sigiriya

街からシーギリアロックまではトゥクトゥクなどで移動します。移動したら入り口でチケットを買いましょう。1枚3,900スリランカ・ルピーで、けっこう高額なチケットになります。

入場したらあとは道なりに進んでいけばシーギリアロックの頂上までたどり着きます。では、道なりに進んでみましょう!

sigiriya

道を進んでいくと出迎えてくれるのは野良犬です。スリランカの野良犬は優しい犬が多いので、特に警戒する必要はありません。ゆっくり犬を眺めて進みましょう。

sigiriya

いかにも古い歴史を感じることができるような石で作られた階段が現れます。これをガンガン登っていきます。

sigiriya

階段を登っている途中、振り返ってみると遺跡の周りの街を見ることができます。私が行った時は雨と曇だったのできれいな景色を堪能することはできませんでした。

現れた螺旋階段が怖い!

sigiriya

山を登り続けると螺旋階段が現れます。この螺旋階段は現代の技術で作られたのだろうけど、かなり老朽化が進んでいて、いつ壊れてもおかしくないんじゃないかと思わせるものです。それも高いところが怖いと、ネガティブな感情が生まれてしまいます。

ただこの螺旋階段を登り切ったところに遺跡の醍醐味が待ち構えています。

sigiriya

螺旋階段を登り終わると、岩に書かれた絵が待っています。おそらく修復とかしているわけではなく、昔のまま残っているのではないかと思います。

頂上の手前が1番怖いのだ!

sigiriya

山を登り続けて、螺旋階段を登って絵を見学した後、またしばらく山を登り続けます。山を登り切ると突然、巨大な足が現れます。ここが山頂手前の中広場になっています。

で、頂上を見るとどうなっているかというと、、、

sigiriya

螺旋階段なんかより更に怖い構造になった階段が待っていました。これを登らないと頂上にはたどり着くことができません。

sigiriya

意を決して登ります。。。

sigiriya

怖すぎる。。それも雨が降っていたので足元が滑る滑る。。

sigiriya

頂上で待っていたのは古い遺跡です。ただ天気が悪くて絶景を楽しむことができません。とにかく高所恐怖症という精神的な苦痛に耐えて登ったという実績を造りました。

sigiriya

頂上から写真を撮ってみたけど雲の間に広がる森しか見えません。。。

実は下りが1番怖かった。

高所恐怖症に打ち勝って登り切ったシーギリアロックだけど、まだまだ恐怖は待っていた。

下りが怖すぎる!!!

登ったからには下山しないといけない。この下山の怖さは実際に体験した人にしかわからないはず。頼りない階段、手すり、足元が滑るなど。

もしあなたが「シーギリアロック」に行くなら

絶対に靴で行きましょう。私はビーチサンダルで行きましたが、めちゃくちゃ滑ります。絶対に靴で行くことをお薦めします。

雨季の時期に行くのであれば、乾季の時期に行くように調整しましょう。どうしてもスリランカ、シーギリアロックに行く時期が雨季になるのであればカッパを持っていきましょう。シーギリアロックの周辺は10月ー3月が雨季になります。

やはりスリランカ最大の見所と思っている人が多いので入場客が多い。朝、はやい時間に入場して一気に頂上まで登ってしまうのがお薦めだ。人が多くて螺旋階段で立ち往生なんてこともありえます。高所恐怖症の人は寿命が縮む思いをしてしまいます。

パグゆきは思った

シーギリアロックはスリランカの1番の見どころのひとつであることは間違いない!でも行く時期、とくに乾季に絶対に行ったほうがいいし、高所恐怖症であれば克服しなければならないことは間違いない。

せっかくの海外旅行で怖い思いはしたくないとおもっているのであれば、行くことを避けたほうがよい世界遺産のひとつである。

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.