Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

世界を駆け巡るシードル「サマーズバイ」はリンゴジュース感覚で飲める。

      2016/01/19

somersby

タイ国内で販売されていたシードルがあったので購入してみました。タイで輸入物か国内生産かを見分けるには単純に瓶のテッペンにシールが付いているか、付いていないか。

今回購入したサマーズバイにはシールがついていないので、大国産のシードルだと思って購入しました。

しかし、よく調べてみるとこのサマーズバイはカールスバーググループとして世界中で生産をしているシードルでした。カールスバーグもタイで製造されているから、そのついでにシードルも作ってしまおうという発想でしょうか?

ちなみに日本では販売されていなそうです。英語サイトですが興味があればどうぞ。

サマーズバイ(Somersby)

somersby

非常にシンプルで好感が持てるシードルのラベルになっている。さすが世界企業のカールスバーグです(笑)私、個人的にはシードルは暑い国で食前酒として飲んでいます。300ミリくらいの量がちょうどいいかもしれません。

色もりんごジュース。グラスに注ぐと炭酸がわかるけど見た目はジュースです。

香り

完璧なりんごジュースの香りが漂う。

オイシイ。
けどやはりリンゴジュースかな?本当にアルコールがあるのか疑わしい味わいだ。かなり甘みも感じるので砂糖の入れ過ぎかもしれません(笑)

マグナーズのようなドライなシードルではないので、女性は飲みやすく好きになると思います。

価格

価格はタイのデパートで49バーツ、日本円で150円ほど。

パグゆきの感想

シードルはもっとドライなのが私の好みです。リンゴジュース感覚でお酒を飲みたいのであればお薦めですが、お酒を楽しみたいと思っているのであれば、マグナーズがおすすめです。

★★★☆☆:りんごジュースです

フォローして最新情報をチェック

 - ビール