横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習

東南アジアで働くなら必要なのは「英語」だ!現地語はおまけのようなもの。

更新日:

6363562459 7399ee3c3e z

バックパッカーをしてから日本ではなく海外で暮らしたいと思いを実現するため、タイの日系企業に転職して海外移住をしました。よく質問をされるのがタイに就職する為に必要な語学力。

「現地の言葉は必要なの?」ってよく聞かれますが、日系企業で働いているタイ人のほとんどが英語力は、一般的な日本人の英語力よりも高いと思います。

とくにスピーキングに関しての英語力は日本人より優れてます。

ということはタイ人とコミニケーションをとるときに必要な語学能力は英語で問題ありません。そして日本語を話すことができるタイ人もいがいと多くいます。

タイに限ったことではなく、東南アジア全体で英語ができれば就職には問題はないでしょう。

東南アジアで就職するための英語力とは?

東南アジアで就職するために必要な英語力は

コミニケーションが取れて、メールの読み書きができれば、

問題ないと思います。

日本人はとくに英語でのメール読み書きは得意だと思うし(文法などはみっちり中学、高校でやってるから)、今ではgoogle翻訳とか使えばなんとなく意味が分かります。

問題はやはりスピーキング、意思の疎通だと思います。

でもこれもそんなに心配が必要とは思いません。
必要なのは英語で話すという勇気です!

スピーキング力に自信がなくてもとにかく知っている単語を並べて理解をしてもらう気持ちさえあれば、まったく仕事をする上での意思疎通も問題ないと思います。

どうしても細かい部分の対応を現地スタッフにお願いしなければならない時は、日本語ができる現地スタッフ、または語学が堪能な日本人にまかせればいいんです(笑)

細かい内容の仕事を現地ローカルスタッフが理解して、ガンガン仕事をすすめてくれるってことはほとんどありません。東南アジアの人は細かいことが大嫌いです。
ということは細かい指示を英語で出したとしても仕事が進みません。難しい仕事を任せ成果を挙げさせることは期待しないほうが良いってことになります。

シンプルな英語だけ言えれば問題なしです!

また特に日系企業の東南アジア現地法人で就職した場合、自分たち日本人の交渉相手は日本人です。日本人と交渉するのに英語で会話をしますか?やはり異国で仕事をしていても日本人だけで集まれば話す言葉は日本語です。

東南アジアで仕事がしたいなら単語を覚えよう

自分の場合は日常会話に問題ない英語力は持っていると思いますが、仕事をするなかで英語を使うのは初めてでした。メールを読んで書いてなんて今でしたことなかったら大苦戦!でも慣れるもんです。慣れてくれば別に英語でのビジネスメールも問題ありません。

ビジネス英語での会話となると今でも苦戦しています。

タイ人の英語の訛、日本人の英語の訛があってお互いが理解できないことがあります。またビジネスで利用する英単語って日常会話で使わない単語が多いです。知らない単語になれる必要があります。でもこれも仕事をしているうちに自然に覚えます。

まずは話す能力を高めるよりも英単語を多く知っている人の方が適応すると思います。発音とかしっかりしていも通じなければ意味がないし、難しい言い回しとか使わないほうがアジア人同士の会話では理解されやすいです。

パグゆきのまとめ

東南アジアで就職したいと思ってるけど語学能力がと思っている人は、まず英語力、特に英単語を鍛えましょう。現地の言葉ができればさらにいいですが、中途半端に現地の言葉を覚えても英語が中心でビジネスは進みます。なんだかんだ、どこの国で働くにしても英語力を高めることが、海外で仕事をする近道です。

-仕事/学習
-,

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.