Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

私が東南アジアを旅するときに必ず持っていくグッツをまとめました。

      2016/04/05

16008112319 8fc6bac4cc z 1

旅(バックパッカー)を愛してやまない私が東南アジアに行くとき、必ず持っていくものがあります。

日本から近い韓国や台湾、欧米に行く旅行とは持っていく物が違うと思っています。今回は東南アジアを旅するのであれば、必ず持って行ったほうが良いと思っているグッツをまとめました。
※あくまで「旅」の場合です。

バックパック

東南アジアを旅するときには、スーツケースよりもバックパックのほうが便利です。ひとつの場所に留まる旅をするのであればスーツケースでも良いかもしれません。

移動をする旅をするのであれば、道が整っていない、移動手段のバスや電車も整備されていない、スーツケースを転がしての移動は逆に大変なのが東南アジアの特徴です。

私のお薦めはグレゴリーです。
定番といえば定番かもしれませんが、リュックのチャック部分が全部広げることができるので荷物を詰め込みやすい、取り出しやすいのです。これがグレゴリーを薦める理由です。

また非常に丈夫で私は15年ほど同じリュックを使っています。

ビーチサンダル

ビーチサンダルは東南アジアを旅するときには必須アイテムです。
シャワーを浴びる時、暑い街を歩くとき、ビーチ沿いを歩くとき、様々な場面で利用できます。

日本の夏の時期に東南アジアに来るのであれば、ビーチサンダルで来てしまっても良いかもしれませんね。

●関連記事:バックパッカーの旅で「ビーチサンダル」は必須アイテム。

コンセント変換プラグ

必須アイテムのひとつコンセント変換プラグです。
全世界のプラグへ変換できるカシムラ製がお薦めです。ひとつあれば万能なので。

変圧器は?って言う人もいますが、変圧器は重いので変圧器が必要ないタイプの電化製品を持っていくようにしましょう。デジカメ電池やスマホとかは変圧は必要ないので意識する必要ないと思います。

番外編:本と音楽が入れれるデバイス

さまざまなデバイスが販売されているので、音楽が聞ける、本が読める、ネットができるデバイスを持っていくことをお薦めします。

旅をしていると時間がいつも以上にあります。
特に東南アジアの日中の暑さはハンパないです。外を歩くだけで疲れてしまうので、暑い時間は本を読んだり、音楽を聞く時間を作るといいと思います。

特に日本の生活で本を読まない、音楽を聞かない人には絶好の機会です。騙されたと思って本と音楽を持って旅にでませんか?

●関連記事:旅に出るなら”この3冊”は持っていけ!
●関連記事:旅に出るならこの3曲は絶対に持っていけ

さいごに

旅に持っていくものには個人差があります。
自分のカバンと相談しながら荷物を詰め込みましょう。シャンプーや石鹸、歯ブラシなんかは現地調達でいいのではないでしょうか。

 - 海外旅行