横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

やっぱり南国スリランカ。売っているフルーツの種類と量に驚愕した!

更新日:

srilanka-fruite

スリランカに貧しい国のイメージを持っている人がいるけど、意外とスリランカは物が充実している。特に「食」という部分にフォーカスを当てると周辺国のインドと比較してもかなり充実している。

海に囲まれているから海の幸が取れることもそうだし、南の国だからこそ採れるフルーツやスパイスの種類が豊富だ。今日はその中でもフルーツに注目をしてみたい。

南の国に行ったほうがフルーツが充実していることは間違いない。スリランカも南の国、フルーツ大国でした。それも人口比率に対して採れる量がハンパないのか激安です。今日は充実したスリランカで売っているフルーツを写真で紹介します。

スポンサーリンク

スリランカはフルーツ大国だ!

srilanka-fruite

スリランカで売っていたフルーツは日本でも普通にみかける、リンゴ、みかん、ぶどう、バナナ、パイナップル、スイカ、メロン。南国の国に行けば普通に見ることができる、ライチ、ココナッツ、ドラゴンフルーツ、マンゴー、ノイナー、のような少し変わった物、アジア圏で見ることができるフルーツを全て買うことができるだろう。

フルーツが売っている場所は、その辺で屋台のように売っている人、市場で測り売りをしている人がいてと様々だ。ただひとつだけ言えるのが、どの店もフルーツの種類と販売している量がハンパないってこと。

おそらくスリランカはフルーツの気候にマッチしているから、意識的に育てなくても植物がかってに育つのでしょう。実ができたら適当にモギって売っている、そんな気がします。

srilanka-fruite

ある街で見かけたフルーツ屋台だけど、ココナッツなんてその辺の木から取ってきただけのような気がします。取ってきたフルーツを自転車に乗せて移動中、、、みたいな。

フルーツ市場に行ってきました

srilanka-fruite

スリランカのフルーツ市場を覗いてみました。パイナップルとパパイヤの量、やばくないですか?こんなに取ってきて本当に1日で販売しきることができるのだろうか?というのも同じような店が周りに沢山あるからです。同じフルーツを同じ場所で販売しても売り切れないだろう。

srilanka-fruite

この大量に集められたフルーツをどうやって売るのか??アジア圏では、やはり秤を使って売ることになります。味がある秤を使っていますね。

srilanka-fruite

大量に売られているフルーツをそのまま食べる、もしくはフルーツジュースにして街のショップで販売されています。おそらくスリランカ人だけでは消費しきれないほどの量が取れていると思います。でもなぜか外国人(旅行者)向けとかにフルーツを売っていたり、フルーツジュースを提供している店が少ないです。東南アジア(タイ、ラオス)のようにガンガン旅行者に売ればいいのにと思いました。

パグゆきは思った

スリランカのフルーツも甘くて美味しいです。土地が痩せているってことはないと思います。もしスリランカに行くのであれば、フルーツを買って食べたり、ジュース屋をみつけたらジュースに挑戦するのはありですよ!

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2017 AllRights Reserved.