横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

スリランカ情報の決定版!夫婦2人で見たスリランカまとめ。

更新日:

srilanka

夫婦2人で2014年年末から2015年年始にかけてスリランカに10日ほど旅行へ行ってきました。

スリランカ最高です。インドに近いこともあったので、非常に過酷な旅になることを予想していましたが、ものすごい楽しめる国でした。

インドと東南アジアを旅するのとスリランカを旅するのを比較すると、どちらかといえば東南アジアを旅する感じです。インドの文化に染まっている部分も沢山ありますが、東南アジアのタイやラオスを旅するような感じです。

スリランカは過去イギリス領であったことからも多くの人が英語を話すことができます。少なからず日本人も英語で数字くらいは言えるはず、数字だけでも伝えることができれば旅が非常にラクになるはずです。

●関連記事:スリランカ航空でバンコクから3時間半で行ける、魅惑の楽園「スリランカ10日間の旅行記」

今日は私の視点から「スリランカが最高!」と言っている理由をまとめてみました。

スポンサーリンク

見どころ沢山!スリランカの観光スポット

srilanka

スリランカの国際空港は首都コロンボと漁村の街二コンボと呼ばれる街の間にあります。首都にまったく行かずに旅をスタートさせることができるます。日本からスリランカに行く飛行機の多くが夜に到着します。1泊は首都コロンボか二コンボで必要になります。

コロンボは首都と言うだけあって、超一流のホテルもあれば、豪華なレストランやカフェもある。場所によっては都会の中のディープな世界が広がっているので、散歩しているだけでも面白いと感じることができる街でもあります。

逆に大都市が嫌いな人はまったく行く必要もないのもコロンボの特徴でもあります。私はけっこうコロンボの雰囲気は好きでしたが、1泊しようと思う街ではなかったです。

●関連記事:「ヒルトンホテル コロンボ」のラウンジで、ピアノの生演奏とアフタヌーンティーが手頃な価格で楽しめる?!
●関連記事:コロンボのイスラム街は日本で体験することがない異空間!

スリランカ北部と内陸

スリランカ北部は8年ほど前まで内戦をしていた地域です。私も行ったことがないのでなんともコメントができませんが、旅行者が入れるようになって、まだまだ月日が浅いのでディープな世界が広がっているのではないかと予想しています。

スリランカの世界遺産、シーギリアやダンブッラ遺跡群が集まるのがスリランカ内陸部になります。スリランカツアー、個人旅行で来ていても「シーギリア」だけは行きたいと思っている人が多いと思います。

またスリランカ内陸には紅茶畑で有名なスポットもたくさんあります。中心になる街はキャンディーでヌアラエリアと呼ばれています。このエリアもスリランカ内陸です。

●関連記事:スリランカ最大のユネスコ世界遺産「シーギリヤロック」レインシーズンに訪れると霧がかかり、まさに神話の世界,,,
●関連記事:高所恐怖症には過酷な世界遺産。スリランカの「シーギリアロック」に行ってみた。

スリランカ西部と南部

スリランカは島国です。西部と南部のみどころはビーチと海沿いの独自文化を楽しめる街になります。西部と南部の観光スポットのほとんどがビーチリゾートになりかけています。まだまだ田舎の雰囲気を残していましたが、急速に発展しそうな雰囲気もありました。のんびりしたスリランカの田舎風景を楽しめるビーチがなくなる前に、みんなに行ってもらいたいと思っています。

街全体が世界遺産とされている”ゴール”と言われる街も雰囲気があって面白い街のひとつです。スリランカの西部と南部の中でも街を観光できる少ないスポットのひとつです。

●関連記事:もしスリランカにバックパッカーとして行くのであれば、全力で「マータラ」へ行くことをお薦めする!
●関連記事:まるでタイムスリップしたような街、スリランカの「要塞都市ゴール」で見つけたアートショップやお洒落なカフェ!

スリランカ東部

スリランカ東部は田舎風景が残るビーチが広がっているようです。今回は行けませんでしたが、高城さんの本ではよくスリランカの東部ビーチが最高だと書かれています。あまり観光客も寄り付かないディープな世界が広がっているんだと思います。

スリランカは場所によって気候が全く違う。

sirilanka

スリランカは地図を見てもらえば分かるけど、インドの横にある島国だ。風や海流によって場所によって全く気候がこなる国。今回、自分がスリランカに行った12月末から1月初旬にかけてはスリランカの北部と内陸部は雨季でした。

雨季に行くシーギリアは最低です。景色なんて楽しめる状況ではないし、雨の降り方も日本の梅雨に降っているジトジト雨の強い感じです。湿気がすごいので気分も落ちます。せっかく世界遺産を前にしているのにテンションが落ちる。

紅茶畑のエリアも雨季の時期は雨が降り続きます。とうぜんテンション上がるわけがありません!ほとんど観光することなく次の街へ移動をしました。

12月末から1月初旬、スリランカの西部と南部はどちらかというと乾季です。カラッとした青空に超熱い太陽が登っています。私はこの気候を求めていたので、ビーチに灼熱の太陽を見た瞬間にテンションが超上がりました。

旅に気候は重要です。今回は再認識した瞬間でした。

よってスリランカを旅行するのであれば、行く時期の季節を確認するのが非常に重要です。

スリランカの移動はそれほど大変ではない。

srilanka

スリランカは大きな国ではない。インドのような次の街までの移動が10時間とかはかからない。(スリランカの端から端へ移動するのであれば10時間以上かかるが)旅慣れている人であれば、移動時間が短いのは楽だし旅の予定を組みやすい。

ただ旅慣れをしていない人は、時間は短くてもボロバスや電車に乗るのは耐えれないかもしれない。バスはローカルバスでの移動がほとんどだから、スリランカ人と一緒に乗る、立った状態で数時間なんてこともあるし、エアコンも付いていない。暑さと人の密集で非常に疲れてしまう可能性もある。

せっかく日本からスリランカまで10時間ほどの飛行時間をかけて来ているのだから、ゆっくりとスリランカを回ってほしいと思う。

●関連記事:バスと列車を使い分け、ローカルの人と触れ合う旅「スリランカ・モデルプラン」
●関連記事:スリランカ定番の2つの旅行モデル。この2つを制覇すればスリランカ通まちがいなし!

スリランカ人が優しい!

sirilanka

スリランカは仏教、ヒンドゥー教、イスラム教と大きな宗教が交じり合っていました。宗教的な違いでスリランカ人同士の中に壁があるように感じましたが、外国人に対してのスリランカ人は非常に優しい人ばかりです。

●関連記事:他民族が集まる「スリランカの民族衣装」は街を一層色鮮やかに,,,それぞれの宗派を重んじる人々

東南アジアやインドなどを旅行していると騙そうとしてくる人、お金をボッタクろうとする人、意地悪をしようとする人、下心を持っている人(あなたが女性なら)、ある程度の警戒心を持って現地の人と接しないといけない場面がけっこうあります。でもスリランカ人は悪い奴が非常に少なかったです。

人間は感情の生き物なので、中には”コイツ”って思う人もいますが、海外旅行で必要最低限の警戒心さえ持っていれば騙されたり、ボッタクリ、なんていうのは少ない国だと思います。またスリランカ人は日本人に対してかなり友好的な人達です。

スリランカ人は「チャイニーズか?」って聞いてきます。中国人に間違われると全否定するのが日本人ですね(笑)「ジャパニーズだ!!」って答えた瞬間、スリランカ人はかなり友好的です。根本的にスリランカ人は中国人観光客が嫌いなようです。世界中で言われているマナーの問題と言う人が沢山いました。またスリランカと日本は昔から非常に深い歴史を持っています。彼らがいなければ今の日本はないんですよ!!

●関連記事:もしスリランカという国がなかったら、今の日本も無かったことを知っていますか?

多くのスリランカ人は英語が話せるので、宿の人やレストランの店員なんかと軽く話をすると彼らの良さがさらにわかります。

スリランカのカレーは旨い!

srilanka

スリランカはインドの隣の島だから、食べるものは「どうせカレーしかないんだろうなー!」って思っていましたが、期待を裏切らずカレーがほとんどです。

ただスリランカのカレーが旨いんです!!

インドのカレーはマズイ。それもマジでカレー以外のものを食べることが困難な国です。もしカレー以外のものを提供していたとしても、カレーよりもマズイものがでてきます。だから結局はカレーを食べるしかないのがインドです。

それがスリランカのカレーは旨い!それも食べても食べても飽きがこない。だいたいローカルレストランで出されるカレーはインドのターリーのようなカレー定食のようになっている。それに自分で魚やチキンをトッピングする。このトッピングが絶妙な味付け。

極めつけは「サモサ」と呼ばれるカレーパン。カレーパンも種類が豊富にあって、どれを食べても旨いのだ!病みつきになってしまう味をしていて毎日のように食べたけど、まったく飽きなかった。3ヶ月ほど滞在したら飽きるかもしれませんが、

またカレー以外の食べ物も食べたらウマかった。チャーハン、スリランカ風焼きそば、の2つはカレー以外の食べ物としてよく見たけど、どちらも旨いと思って食べることができる。

スリランカは「食」が充実してました。

●関連記事:これで”スリランカ・カレー”マスター間違いなし!スリランカで食べるカレーまとめ。
●関連記事:意外と旨い!スリランカで食べれる「カレー以外の物」まとめ。

スリランカは動物園だ!

sirilanka

ものすごい沢山の見たことがない動物が、街中で普通にみかけました。犬、ネコがいるのはわかりますが、大きなトカゲやコウモリがいたりします。インドでもよくみかける牛やヤギなんてのも街中を歩いています。

●関連記事:スリランカは「動物大国」だった!
●関連記事:小さな楽園「スリランカ」は、野生動物が街に溢れていた?!

日本からスリランカに来ると異次元空間であることはまちがいなしです。

パグゆきは思った

スリランカの魅力をまとめてみましたが、ツアー旅行でも個人旅行でも、どちらでも楽しむことができる珍しい国だと思います。ただツアーで行った人の感想を聞くと食事がマズイと聞きます。どこで食べたらマズイものがでてくるのだろう?って不思議ですが、食事も含めて楽しめる国でした。

英語だけど世界のガイドブック、ロンリープラネットで旅をしてみよう!

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.