横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

海外 海外旅行

スリランカ定番の2つの旅行モデル。この2つを制覇すればスリランカ通まちがいなし!

更新日:

srilanka-trip

もしスリランカへ旅行へ行こうと思うのであれば、滞在できる日数にもよるけど”2パターン”の旅行プランを考えることができます。どっちを選んでもスリランカで面白い体験ができることは間違いないです。

まずあなたがスリランカでどんな旅をしたいか考えてみましょう。

自然を満喫したいのか、世界遺産を満喫したいのか、海を存分に楽しみたいのか、食を楽しみたいのか、スリランカでは本当に色々なことを体験することができるから、事前に何をしたいのか考えるといいかもしれません。

またスリランカの旅は天候に大きく左右されます。小さな島の中で、東西南北どのエリアに行くのかによってまったく天候が違います。たとえば私の場合12月末から1月初旬に北部エリアに行きましたが雨季、雨が嫌で南部へ移動したら乾季、一滴も雨にふられることはありませんでした。

やっぱせっかく旅行するのであれば天気が良いほうがいいに決まっています。スリランカへ行く時期が決まったら「スリランカでやりたいこと」「スリランカの天候」を確認してみましょう。

今日は私がお薦めするスリランカの定番旅行モデル2パターンを”何ができるのか””天候について”を混じえて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

2つのエリアで選ぶスリランカ

srilankatrip

スリランカを旅するのであれば定番はスリランカの島の真ん中あたりにある遺跡群を見て、紅茶畑を訪問するパターンがひとつ。もうひとつがスリランカ南部から西部にかけての海岸沿いを訪問するパターン。

どっちもスリランカのみどころを満喫できるので迷うところだ。10日程度の旅行日程であれば2つのエリア両方とも訪れる時間もあるだろう。ゆっくりスリランカを満喫したいのであれば、どちらかのエリアに行くのが良いと思う。

訪問エリアが2つあることが分かったら、次に注目しなければいけないのが天気だ。スリランカに行くことが決まったら、その行く時期の天気を必ずチェックしましょう。

島国で島の真ん中に山がある、様々な海流がスリランカにぶつかるので地域によって雨季と乾季がまったく異なります。やっぱりどのエリアに行くのも乾季がベストシーズンです。

絶対に乾季のエリアに行きましょう!ではそれぞれのエリアを紹介します。

スリランカ内陸エリアで世界遺産を満喫!

スリランカ Google マップ

スリランカで1番有名な世界遺産はシーギリアロックと呼ばれる山の上の遺跡です。この遺跡に行くには首都コロンボからバスで北西に5時間ー6時間ほどで移動することになります。シーギリアロックは1日で観光できますが、その周りにも遺跡が複数あるので遺跡好きにはたまらないエリアです。

遺跡を観光し終わったら、南下して紅茶畑を堪能することができるヌアラエリアに行ってみましょう。旨い紅茶はココで作られています!

■北西部エリアの天気
北西部は10~3月が雨季となります。この時期の世界遺産見学は絶対に辞めたほうがいいです。実は私がこのエリアに行ったのが12月年末で毎日が雨でした。遺跡の壮大さは感じることができましたが、紅茶畑のエリアは行くのを諦めました。

海岸エリアでビーチを満喫!

スリランカ Google マップa

スリランカの西海岸、南海岸はどこに行ってもビーチが広がっています。波の高さが場所によって違うからサーフスポットになっているビーチもあれば、海水浴を楽しむビーチもあります。どの街も小さいのでのんびりのビーチを楽しむには最適な場所です。

その中でもゴールと呼ばれる街は古い町並みを残した街が世界遺産になっています。ゴールで歴史を感じてのんびり過ごすのもよい時間を体験できます。私もお薦めのスポットのひとつです。

■南西部エリアの天気
南・西部は4~6月、10~11月が雨季で、12~3月が乾季となります。なので北西部エリアの気候とは反対になっている期間が多いです。

パグゆきは思った

スリランカに行くベストシーズンは7月ー9月がどのエリアに行っても乾季にあたっています。ちょうど日本の夏休みと呼ばれる時期なので日本人がスリランカの旅行へ行く時に天候に悩まされることは少ないかもしれません。

-海外, 海外旅行
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.