Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

1年海外留学するなら、海外で就職すれば?人間力が絶対に高まるぞっ!

      2016/06/17

business

新卒入社で3年くらい経つと次のステップを意識し始めませんか。

私もそうでしたが、「このままサラリーマンを続けていいのか」「留学してみたい」「好きなことで勝負してみたい」などなど色々なことを思い描き始める時期になります。

今回は次のステップを意識する中で、「留学」を考えている人にひとつ提案をしたいと思います。

私も3ヶ月ほどアイルランドの英語学校に行き、様々な国の人と友達になったりして人生のハイライトになっています。確かに英語力は高まりましたが、どちらかというと遊びです。日本に帰国してもう一度就職を考えるのであれば、留学してきたということを企業はプラスに判断することは少ないです。(私も旅・留学から帰国して仕事を探すのに非常に苦労しました。)

留学することは絶対に将来につながると思います。だけど視点を少し変えてみて留学ではなく海外で仕事をしてみることは考えませんか?

私は今、海外の日系企業で働いていますが、留学の時に学んだことと比較すると断然、仕事をしているほうが人間力が高まっています。

私の経験をふまえて、「留学」するより「海外で働く」ほうがメリットがあること。そして意外と海外で就職ができてしまうことを紹介します。(日本で社会人をやっている人向けです)

海外留学は遊びであることを再認識しよう

何度もいいますが留学が悪いとは思っていません。海外に行ってみようと思う気持ちを大事にしてもらいたい。日本人は海外に行きたいと口ではいうものの、なかなか実行しようとしない人種です。海外留学をしようと思った時点で普通の人のマインドよりは一歩進んでいます。

では、なぜ海外留学が遊びなのか?
海外に留学するってMBAの取得をするのでしょうか?そうであれば、しっかり勉強をしてビジネスの頭を構築に励んでもらい世界中で知識を活かして欲しいと思います。

でも多くの人の海外留学は語学留学ではないでしょうか。

語学留学には罠が潜んでます。
語学留学の中にはフィリピンでマンツーマンレッスンをぎっしりスケジュール化している学校もあるので、語学留学を全否定するつもりはありませんが、ワーキングホリデービザを取って海外に渡り、アルバイトをしながら語学を学ぶという人、注意です。ワーキングホリデーに行く多くの人が語学学校に行きますが、語学学校で知り合った日本人だけとグループになっていきます。

ずっと日本人と一緒にいるのであれば日本でスカイプを利用した英語学習を独学で進めるのとたいして変わらないのではないでしょうか?日本人と一緒にいることが語学向上を妨げ、だらけます。毎日、日本人と遊んでいては得るものが少ないですよね。私は日本人と一緒に居たくないため、わざわざ日本人がいない国へ行ったりしていました。

ここで皆さんへの提案ですが、日本である程度の英語力を身につけて海外で就職してみることを考えるのはどうでしょうか?

海外で就職できるの?

まず海外で就職するためには、ある程度の英語力(コミニケーション面で)は必ず必要です。英語ができる前提で紹介をしていきますので、自力で英語力は延ばす必要があります。

海外、特に東南アジアで仕事をするのであれば比較的簡単に仕事を見つけることができます。タイでは失業率が1%以下になっているの日本で社会人経験をしている、そして英語がある程度できるのであれば、必ず仕事はあります。

参考東南アジアで働くなら必要なのは「英語」だ!現地語はおまけのようなもの。
参考失業率1%以下!!タイに移住した私から見たタイの就職状況。

また海外の仕事を紹介してくれる転職エージェントもたくさんあります。海外の仕事を紹介してくれるエージェントに登録すれば、今までの経験を活かせる企業を必ず紹介してもらえます。なので海外で就職しようと思ったなら、決めなければいけないのが行きたいと思う国です。

エージェントと話をするにしても海外現地にいる人と話をします。あとはエージェントと調整して面談を進めていくだけです。

参考海外転職を考えてる人へ、海外拠点を勤務地とするための転職サイトまとめ

海外留学ではなく、海外就職をするメリット

語学留学は遊びである考え方、海外就職は意外と簡単にできることまで理解をして貰ったら、次は海外就職によるメリットを紹介します。

当然のことながら海外就職をすると正社員となります。アルバイトではありません。ワーキングホリデーで仕事をするとしたら安い時給で、カフェやレストランでスタッフとして働く、オレンジやグレープフルーツなどのフルーツのピッキングをするなど、今まで積み重ねてきたキャリアがまったくいかせないです。

やはり日本で経験した社会人経験を活かして海外でチャレンジできるといくことが今後の人生につながることが1番のメリットになるのではないでしょうか?

語学留学して海外の人とコミニケーションを取って友達を増やしたいと思っているのであれば、海外の企業に就職して、外国人と一緒に仕事をするってのはどうでしょうか?嫌でもコミニケーションを取らないといけない状況です。語学力はもちろん向上しますし、異文化コミニケーションと毎日付き合っていくことになります。人間力が高まることは間違いありません。

もし日本に帰国したら?

語学留学を終えて、日本でもう一度就職を考えているあなた。日本企業は語学留学を経歴のプラスと見てくれません。残念なことですが、語学ができるようになるよりも、日本でキャリアを積んできた人のほうを採用する場合のほうが圧倒的に多いです。面接で「遊んできたんだねー、僕も行ってみたかったよ」とバカな発言をする面接者もいます。

これが「海外で就職していて日本で再就職を考えている」ってなると語学留学をしていたというより、受け入れてもらえること間違いなしです。語学もパワーアップして、さらにキャリアを積み重ねて来た人間であることを普通にアピールすればいいんです。

さいごに

日本で3年ほどサラリーマンを経験したあなたが語学留学をしたいと思ったなら、今日紹介した海外就職も視野に入れて行動してみるのはどうでしょうか?帰国後の心配事も少しは軽減されるはずだし、人間力が高くなってパワーアップして日本に戻れるはずです。

世界のことを考えるのなら基礎知識はつけましょう。池上さんの本が分かりやすく、2016年の最新情報が掲載されています。

 - タイ移住生活, 仕事/学習 ,