横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

リゾート気分を満喫!「家賃3万6千円」で”プール”ジム”家具”付きの14階に住む!

更新日:

パグゆき@pagyukiです。

バンコクに夫婦で海外移住して約3ヶ月。

今日はバンコクで住むアパートについて紹介しようと思います。やっぱどこで生活をするにしても衣食住の充実が生活を豊かに感じさせますよね。

バンコクで自分たちが住んでいるアパートは破格な値段で住めていてラッキーと思っていたけど、実はバンコクでは標準的な家に住んでいて、施設が他のアパートより充実しているだけで普通でした(笑)

自分は日本にいるサラリーマンと同じほど、日本円で比べると少し日本のサラリーマンより少ない給料にもかかわらず、タイでは豪華な家、リゾート気分が満喫できる家に住んでいると思ってます。

海外移住でバンコクに住みたいと思っている方は必見の「バンコクのアパート」情報です。

スポンサーリンク

ロケーションはバンコクの大手町周辺で30平米、家具も付いている

寝室
洗濯機

バンコクで住んでいる家の間取りは30平米ほど、そして14階。でも家具はすべて備え付けで購入したものは扇風機くらいです。

①ダイキンのエアコン
②東芝の冷蔵庫、電子レンジ
③シャープのテレビ
④韓国メーカ?の洗濯機
⑤キッチンヒーター
⑥食器
⑦イケアのソファー、ベット、テーブル、
⑧クローゼット、化粧台
などなど

アパート自体が約2年前に完成しているから新築同然です。夫婦2人で住むには十分な広さに家電や家具の備え付けで便利です。自分は別に家のきれいさとか気にならないけど女性は汚いより綺麗なほうがいいでしょう。

そしてこのアパートの場所が日本でいうと大手町、バンコクの商業の街へ徒歩で通える距離にあります。ロケーションは最高の場所にありますし、家もきれいとなれば値段は高いしょ??

最高のロケーションでも家賃は3万6千円です。

家賃はなんと3万6千円です!

一般的な生活をする上で必要な物が揃っていて、仕事場まで近いとなると日本では考えられない安さです。そしてさらに決め手となる理由がリゾート施設たちです。

プールとジムが住民に解放されている

ジム
プール

このマンションの特徴としてプールとジムの施設が備え付けられていてマンションに住んでいれば自由に利用することができます。ザ・リゾートです。

バンコクに移住すれば自分のような普通のサラリーマンでも家賃を抑えてもプールとジムが付いているマンションに住むことができます。バンコクに移住して家に困ることはまずないと思います。

もちろんコストを抑えたいと思っている方には、施設とかが付いていないマンションやアパートもあります。考えている予算に合わせて選びましょう!

ちなみにバンコクのマンション、上には上があり、10万円以上の家賃を支払うととんでもない家が待っています。

パグゆきは思った

バンコクのアパートは下から上までの価格格差が異常にあります。部屋の間取りとかが広い、お手伝いさんまでついている日本よりもサービスはいいけど家賃も高いなんてざらにあります。でも探せば探すだけ低価格でもサービスが充実したマンションもたくさんあります。自分の予算にあわせて日本の生活レベルより快適なマンションが必ず探せるはず!!

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.