横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

バンコク移住3ヶ月。バンコクで夫婦で暮らすための物価まとめ

更新日:

タイ生活
夫婦でバンコクに移住して約3ヶ月。生活にもやっと馴染んできました。『海外移住』に憧れるって思っている人はたくさんいると思うけど実際に海外に移住をすると、その国の嫌な部分をみることも沢山あります。それで幻滅して日本に帰国っていう話もよく聞きます。

自分達の場合はもともとタイは好き、タイに実際に住んでから嫌な部分とかも見え隠れして「ふざけるな!タイランド」って思ってしまうときもあるけど順調にタイに馴染んできてます(笑)

移住してから日本にいる知合いによく聞かれるのが、「実際にタイで暮らす生活費ってどれくらいなの?」タイに夫婦で移住したいと思っている人、リタイアした方たちが南国の国で生活をするためにどれくらいの資金で生活ができるのか今日は紹介をします。

私達はケチな夫婦ではありません!!!

スポンサーリンク

タイで就職すると給料はピンキリ

まだまだ現役で仕事をしてながらタイに移住をしようと考えている人。職種やポジションとかにもよりますが、日本の給料と比べると当然ながら下がります。ただタイの法律で日本人には5万バーツ必ず支払うということが決められています。どんな仕事に就いても5万バーツは保証されるのでそれ以下の仕事は断りましょう。だいたいどんな業種でも給料5〜8万バーツの給料が支払われます。

そして必ず確認しないといけないのがビザを発行してくれるか。タイの企業に勤めると必ずビザのサポートをしてくれます。もし「ビザは発行しません」という会社であるなら断りましょう。こんな会社はありません!!

タイで貰える給料は5万バーツ〜8万バーツを基準に考えます。日本円では15万〜24万円となり格差がありますね。

年金で生活していくのであれば、おそらくタイで働く日本人の一般的な給料額と同等ほど日本国から支払われるはずです。だから生活は余裕ではないでしょうか。後はタイに滞在するためのビザは自分で取得しなければいけないので、自分でやるかエージェントに頼むのか判断が必要になります。

タイの家賃相場、これもピンキリ

タイ、バンコクには外国人が住むためのアパートが非常にたくさんあります。家賃の価格も部屋のタイプ、エリアによって差が激しいです。自分のライフスタイルに合わせて家も選べます。

ちなみに自分達は2人で住むには十分な広さのワンルームで12000バーツ(4万円)。4万円でもプール、ジム、家具、家電もついている14階の家に住んでいます。日本では考えられないほどのクオリティの高い部屋です。これで一般的な家より少し高いくらいですね。

10万円以上だせばお手伝いさんが常駐する部屋もあるし、さらに支払えば超高層マンションのかなり上のほうに住むこともできます。予算と相談ですね。

食費は安すぎ!

食費は普通にしていればかなり安いです!!何も特別なことをしなくても節約可能です。たとえば飲み水が3バーツ(10円)で6リットル分買えます。飲み水に困ることはありません!

外食をするときもタイのローカルレストラン(屋台)に行けば100円ほどで1人分の食事ができます。日本食を食べたくなったときはプチ贅沢で1000円ほど出せばだいたい何でも食べることができます。タイではビュッフェスタイルが流行っているのか、すき焼、焼き肉などの食べ放題が1000円ほどです。

光熱費。暑さに耐えることができるなら激安!

光熱費は日本の物価と比較すると激安です。夫婦で住んでいての費用感をお伝えします。

①水道料金
1ヶ月の利用で300円ほどです。洗濯物が溜れば普通に洗濯するし、毎日2回程シャワーを浴びます。普通の生活をしていても300円以上支払いしたことありません。
※アパートが管理していると異なる

②電気料金
タイは暑いです。毎日エアコンがないと寝れないほど暑いです。エアコンを毎晩つけているとさすがに電気料金はあがります。でも3000円ほどです。日本で毎晩エアコンを使えば1万円くらいではないでしょうか。

③ガス料金
ガスコンロがないし、ガスが引かれていません。オール電化が進んでいます(笑)

他と比べて高いと感じるのが通信費

やっぱインターネットは自宅でしたいのでネット環境は整えています。他の費用に比べてコストパフォーマンスの悪さを感じてしまいます。日本と比べれば安いですが。。。

Tureという通信会社で800バーツ(2400円)ほどします。
ダウンロードが15M
アップロードが2M

街の移動はタクシーに変った

日本で生活をしていて街の移動で利用するのは電車かバスが多かったです。日本のタクシーは高いですよね。まぁ電車も1区間だけでも130円ほどだったと思います。130円はタイのタクシーの初乗り料金より高いです。

タイのタクシー初乗りは35バーツ(110円)。メーターは2バーツ(6円)づつ上昇します。バンコク市内の移動であれば100バーツ(300円)ほど支払えば、だいたいどこでも行くことができます。そしたらタクシーにガンガン乗りますよね。特に夫婦で移動するのであればタクシーに乗ってしまいます。日本では考えられません。

ちなみに電車もありますが20バーツから40バーツ(60円〜120円)ほどで全区間移動できます。タクシーと料金を比べると電車は高く感じませんか?交通渋滞がひどいバンコクでは渋滞で待つのが嫌で電車を選ぶ人もいます。これは個人の考え方しだいです。

パグゆきのまとめ

ライフスタイルにもよりますがタイバンコクで住み普通の生活を送るのであれば10万円ほどあれば余裕で生活ができます。たまには贅沢をしたい、旅行がしたいとなるのであれば、もっとお金を稼ぐ必要がありますが。バンコクの生活で節約生活は難しいと思いますので。。

-タイ移住生活

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.