横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

タイ移住生活

タイのコーヒ市場は意味不明。「コーヒー屋台」と「チェーン店」の価格差に失望。

更新日:

カフェ

パグゆき@pagyukiです。

タイ人は甘い、甘いコーヒーが大好きです。
コンビニに行っても、外を歩いていても、どこに行ってもコーヒーを買っている人の姿を見ることができます。

もちろん日本でもみるようなコーヒーチェーン店もたくさんあり、タイはコーヒーの文化に完璧染まっています。

ただ色々な形態でコーヒーショップが存在していて、タイ人が心からコーヒーを楽しめていないのではないかと思う場面もしばしば目にすることもあります。
タイ人が飲むコーヒーに格差を感じてしまいます。

今日はこのコーヒー格差がなんなのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

タイ独自のコーヒー文化

タイのコーヒー文化はイタリアのようにエスプレッソをクイッと飲むスタイルではなく、氷をカップに大量に入れて、砂糖と練乳を大量に投入したコーヒーを冷やして飲むスタイルが基本です。

タイでコーヒーが買える主なポイントは以下の3つ
●屋台
●コンビニ
●コーヒーショップ

当然ながら屋台は安い、コンビニで買うのも安い。
でもコーヒーチェーン店で買うとどうでしょうか?めちゃくちゃ価格が高いコーヒーに変わってしまいます。

実際にどれくらいの価格差があるのかみてみましょう。

なかなか買えない?スターバックス。

屋台コーヒー

タイの屋台で1食食べるとどんなに高くても50バーツほど、日本円で150円ほどで食べることができます。
屋台のコーヒーは20バーツから40バーツ(60円から120円)ほどで購入できて、どこのコーヒーもそこまで質に変わりなく、甘いコーヒーが買えます。

またコンビニでも20バーツ前後払えば大きいカップでコーヒーが買うことができます。

1食の食事代と比較して、屋台のコーヒーの値段は少し高い気がします。食事と飲み物を比較すると日本ではもう少し安いですし。氷が高いのかなー。

コーヒーチェーン店はどうでしょうか?

スターバックスで100バーツ前後が1番安いコーヒーとして販売されています。1食50バーツで、スタバが100バーツ。ものすごい差があると思いませんか?

タイ人の1日の最低賃金が300バーツです。もし仮に1日3食150バーツ、スタバで100バーツ使うと50バーツしか残りません。いったいどうやって生活しろって言うんでしょうか!

タイではコーヒーひとつ買うにしても、その人の所得が分かってしまう構造になっています。屋台のコーヒーも十分うまいですよ!

パグゆきは思った

コーヒーくらい皆とおなじ目線で楽しみたいものではないでしょうか?
スタバファンには申し訳ないけど、タイの屋台のフラペチーノとスタバのフラペチーノ、何が違うんでしょうか?

私はタイでスタバには行きません!!!

-タイ移住生活
-

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.