横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

Life is great.

仕事/学習

意思疎通が大変だ!タイ人と日本人はお互いクセのある英語を話す。

更新日:

see-no-evil-2_l

タイで働くようになってから毎日の会話が英語になった。日常会話でさえずっと英語を使って話すのが憂鬱に感じるときがあるのに、仕事をするうえでコミニケーションを英語でしないといけないのは非常に疲れる。。。

自分の英語力のなさを実感させられるってこともあるけど1ヶ月も経てば仕事で使っている英語も同じような単語や言い回しがあって慣れてくる。メールでのやり取りであれば苦にはならなくなってきた。

でも電話やミーティングの時に使う英語はどうだろうか???

スポンサーリンク

タイ人の英語力は?

海外で働くようになって感じるのは、『日本人は英語ができない』って肌で感じる。自分もバックパッカーを2年以上やって欧米人と一緒に旅をしたり、シェアハウスで一緒に住んでいたり、日常的な会話をするにはまったく問題がない英語力だと思っている。

でもやはりタイ人と日本人の英語力を比較するとタイ人のほうが英語に慣れている。言い回しが豊富とは言えないけど、間違っていても自信を持って話をしてくるし、日本人が話す英語よりリズムが良い。もちろん英語を話せないタイ人も沢山いるけど一緒に働くメンバーの英語力はハンパなく高いと思う。日本人より流暢に英語を話せると思うけど、なかなかタイ人の英語に慣れない理由がある。

それは発音だっ!!

タイ人の英語発音

日本人より英語を流暢に話をするタイ人だけど発音が明らかにおかしい時がある。もちろん日本人の英語の訛もあるだろうけど、発音の違いがコミニケーションの妨げになることがよくある。

例えば、、、”カスタマー”って言ってみてください。英語の発音では『カ』が強いはずです。カタカナ英語であればどの部分が強いとかないけど。でもこれで十分に英語として通じます。

でもタイ人の”カスタマー”は『マー』の音が異常に強くて音を伸ばしすぎ。大げさに言うと”カスタ”の発音は弱くカタカナ英語みたいだけど”マーーーーー”ってもの凄く強く音を発し、伸ばす。

明らかにタイ英語です。

パグゆきは思った

英語は子供の時から学ばないと母国語の訛が必ずでるでしょう。自分も25歳から英語の勉強を始めたからヨーロッパに滞在していたときに日本人の英語は分かりづらくて何言っているか分からないと直球で言われました。今でこそある程度は良い発音で話すことができるけどやっぱ母国語の訛っていうのは完璧には抜けない。語学はいつでも勉強あるのみですね。

-仕事/学習
-,

Copyright© Life is great. , 2018 AllRights Reserved.