Life is great.

横浜での生活、2014年から海外移住をしてからのグレートで役立つ生活ログを紹介。

タイで食べる日本食に満足できない理由

      2015/12/21

13883628583 0b2181e6e6 c 1

海外移住先のタイ・バンコクには日本食レストランが、めちゃくちゃ多い。なのでタイ料理に飽きたら、すぐに日本食を食べることができるので、バンコクで生活することで食に困ることはありません。

値段に関してもピンきりで、タイ人でも入ることができる価格から、会社の接待じゃないと利用が困難な価格もあります。

庶民の私は、だいたい日本食を食べるときは200バーツ(約700円)前後の定食です。おかずはなんでも選ぶことができますが、中心となるのは子供が好きな、”トンカツ””唐揚げ””しょうがやき”から”焼き魚”など豊富に食べれます。

かと言って、バンコクの日本食レストランのどこに行っても美味い店、満足ができる店と認定することができません。

それはなぜなのでしょうか?

バンコクの日本食に満足できない理由

おかずは満足できるお店が多いです。あくまで”おかず”です。日本人の私達にとって、日本食で重要なのは、ではないでしょうか?

こんな店はありませんが、もし日本食の定食をオーダーして、米がタイ米だったらガッカリしませんか?日本米であることは当然ですよね。

バンコクで食べることができる日本米、実はタイで作られたものもあります。タイで作られた日本米は、雰囲気は日本米であることは間違いないですが、一口食べると違和感があります。

日本の美味しいお米を食べ続けている日本人だから分かる、ふんわりした、もっちり感がありません。旨味もとうぜん薄いです。

日本から輸入した米を使っている店の米は美味しいです。もちろん好みの問題もありますが、米が美味い店では定食を食べ終わったあとには満足して帰れます。

そしてまた来ようと思います。

さいごに

海外移住をしようと考えているのであれば、その国の食事を食べ続けることができるか考えることも重要でしょう。やっぱり日本食、重要です(笑)

こんなの持って旅している人もいるかもしれませんね。

 - タイ移住生活